寺島しのぶ

◉話題作、読んで観る?◉ 第56回「あちらにいる鬼」
 直木賞作家の井上荒野が、父・井上光晴と愛人関係にあった瀬戸内寂聴をモデルにして描いた同名小説の映画化。主演の寺島しのぶは、出世作『ヴァイブレータ』の廣木隆一監督と久々のタッグとなり、剃髪シーンで実際に髪を剃り上げたことでも話題となっている。1966年、作家の長内みはる(寺島しのぶ)は、徳島で開かれた講演会で気鋭の作家
◉話題作、読んで観る?◉ 第39回「Arc アーク」
 中国出身の米国人作家ケン・リュウのSF短編小説『円弧 アーク』を、『愚行録』『蜜蜂と遠雷』の石川慶監督が映画化。〝不老不死〟をテーマにした異色ドラマに仕立てている。17歳のリナ(芳根京子)は生まれて間もない息子を残して、実家を出た。ダンサーとして流浪の生活を送っていたリナだったが、エマ(寺島しのぶ)に拾われて「ボディ