小手鞠るい

小手鞠るいさん『ある晴れた夏の朝』
原爆投下をアメリカ側の視点から書いた物語を ──小学館児童出版文化賞受賞、おめでとうございます。現代アメリカに住む高校生が原爆投下の是非を問う、という設定が新鮮でした。 小手鞠……偕成社の編集者の方か