当確師

『タングル』真山 仁ブックガイド_
シンガポールを舞台に、光量子コンピューター開発をめぐる暗闘を描いた最新刊『タングル』の刊行を記念し、真山仁作品の魅力と軌跡を書評家・末國善己が解説する。 真山仁には、地熱発電を題材にした『マグマ』、日本のロケット開発の問題点に切り込んだ『売国』など、日本経済を復活させる成長産業に着目した作品がある。光量子コンピューター