植松三十里

◎編集者コラム◎ 『かちがらす 幕末の肥前佐賀』植松三十里
◎編集者コラム◎  著者の植松三十里さんと佐賀とのつながりは、「あとがき」にも書かれているように深いものがあります。植松さんは、2002年に「九州さが大衆文学賞」の佳作に入り、翌年に作家デビューされ
shosetsumaru_sansho_
 ◎編集者コラム◎  この度、植松三十里さんの手になる新たな海舟像が生まれました。本作『おたみ海舟 恋仲』は、海舟の妻・おたみを主人公にして勝海舟と家族の生涯を描いていきます。  おたみは、深川の