深緑野分

▽▷△超短編!大どんでん返し▼▶︎▲ 深緑野分「どんでんがかえる」
 世間じゃ、お話の終わりで「えっ」と読者を驚かせるようなことを「どんでん返し」なんぞと申すようですが、あたしの知ってるどんでんはちょっと違います。いえ、歌舞伎が語源だなどと言いたいんじゃありません。
ベルリンは晴れているか
 およそ三年ぶりの長編歴史ミステリとなった本書には、もうひとつの顔がある。ロードノベルだ。 「以前から第二次世界大戦に興味があり、『戦場のコックたち』で連合国側のアメリカを舞台にしたので、今度は枢軸国