硝子の塔の殺人

『硝子の塔の殺人』知念実希人/著▷「2022年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR
「クラシックな山荘もののクローズドサークルで、これまでにない大きな仕掛けをした作品に挑戦しようと思うのですが……」2020年9月。知念実希人さんからのメールに、そう記されていました。当初、打合せで聞いていた雰囲気とは異なりましたが、この文面を読んだとき、鳥肌がたちました。「プロット読みますか?」と聞いて頂いたと思います
週末は書店へ行こう! 目利き書店員のブックガイド 今回の目利きさん 啓文社 西条店 三島政幸さん
『生命科学での名声など、私にはまったく意味のないものだったんだ。ノーベル賞にも興味ない。ワトソンやクリックではなく、私は綾辻行人になりたかったんだ』(『硝子の塔の殺人』より、神津島太郎の発言)「館もの」――ミステリファン、とりわけ本格ミステリファンにとっては、何か特別な響きのある言葉だ。