窪美澄

kubosan-banar
時代とともに家族観は変わってきており 家族の形も自在に変わっていいと思う  デビューから10年。女性にとっての性愛や妊娠出産をめぐり、それまで具体的に語られることの少なかった本音や実情を、繊細な筆致で
kubosan
窪……『じっと手を見る』は、幻冬舎の文芸誌で「官能をテーマに1編書いてほしい」と依頼があり、そこから書き続けていたものを連作の形にまとめました。  介護士の設定は、ライター時代に行った山梨県の介護現場