織田和雄

◇自著を語る◇  織田和雄『天皇陛下のプロポーズ』
 今年四月末を以て平成が終わります。  多くの国民にとって、時代の節目を迎えることは、新しい世の中が動き出すことへの期待と、様々な思い出に彩られた過去への惜別が絡み合い、とても一言では言い表せない思い