みんなのレビュー >>>『人面瘡探偵』


はなさん ★★★★

相続鑑定士は気弱なのに野次馬根性のある三津木と三津木の右肩に寄生してる人面瘡のジンさん。
通常業務をただやって終了のはずだったのに、次々に事件が起こって一人、また一人と亡くなっていく遺産相続の候補者たち。
次が次がと気になって手に汗を握りながら読みました。
自分も主人公になったつもりで読んでいくうちに見えてくる真相、そして最後の十行に鳥肌立ちました。


ダースケイターさん ★★★★★

こんなバディもの見たことない!!

奥深いストーリーに一筋の異形が入り込む。
そしていろんな解釈が取れるラストに圧巻。
思わず時間を忘れ、思わず自分の体に人面瘡を探してしまいました。
このシリーズは読みつづけたいと強く思える作品となっていました。


粉奈弥生さん ★★★★★

あらすじを読んだときに普段読まないジャンルのミステリーだと感じ、あまり期待せずに読んだ。
見事に裏切られた。「面白い」の一言!

人面瘡が寄生している主人公、限界集落での怪事件……奇妙な主人公と謎解きをしながら読み進めた。
最後の1ページまで予想外、予想外の展開を楽しませてもらった。

読書の秋……普段ミステリーを読まない人にも、本を読まない人にも、心から進められる一冊だ。


みきのこさん ★★★★

おぉっ…あぁっ…えぇっ!!と、衝撃の展開が続き、まさかの着地点。帯の通り、横溝正史的不気味なミステリーでした。
この終わり方、シリーズ化もお考えなのでしょうか。
主要でない登場人物名が聴き慣れない響きや字面な点だけが気になったのですが、一気に読み進めたいスピード感でした。
読ませていただき、ありがとうございました。


keisukeさん ★★★★

ついにこんなものまで探偵に…。所長の話や、事務所名の意味とかきっとまだまだ話はあるんだろうから楽しみにしたい。


hushi亜子さん ★★★★

相続鑑定士の三津木は自分の肩にいる人面瘡のジンさんと暮らしている…。と言うのは語弊があるか。気弱ででも野次馬根性は最大に持つ三津木に、しっかりとしたアドバイスや知恵を伝授しているジンさん。良いペアな感じ。本城家には昔からの風習、家父長制が根強く残っており、それが次々起こる事件を引き起こしていると思われ。ある絵本のストーリー通りに事が進んでいることに気づくが、5番目のストーリーがいやに気味が悪い。このまま単純に考えるとこの人が犯人だろうと思わせるのだが、でもそれはあまりにも単純すぎりし。でもまさかあの子が…。となるが、そこは中山さんやってくれました。この人が関係ないはず無いだろうなと思ってたらやっぱりだったし。でも、一番の「えっ!」と驚かされポイントがジンさんだったとは。このペアまた見たいな。


saosaoさん ★★★★★

頭脳明晰な人面瘡ボンクラ相続鑑定士コンビが遺産相続をめぐる本城家で起きた事件に挑む。

まるでサスペンスドラマ見てるみたい。
いやー、なんだこれ。
展開がすごい、すごいの一言。
え、結局一番の謎は彼?
えー、なんなの。

中山さん初読みだったんですけど
めちゃくちゃ引き込まれました。

設定も寄生された男性が、頭のきれる人面瘡と会話しながら事件を捜査〜って不思議。

中山さん読んだことない方でも
サスペンス、ミステリー好きにはぜひ読んで欲しい一冊です。

(にしても、ラストの数行…恐ろしくて仕方ないんですが…。)


すずかさん ★★★★★

興味をかきたてられるこのタイトル!次々と起こる怪事件の解決に、なぜか関わる事になってしまったちょっぴりへたれな主人公とその相棒。この2人?の会話の相棒の口の悪さに、そこまでズケズケ言わなくても、もう少しオブラートに包んでも…と思いながらも、正しいのだから仕方がない!と面白くなってしまう。事件の意外な真相の裏に隠された複雑な境遇と秘められた思いに切なくなった。そして、気になる意味深なラスト!これは、いったいどういうことなんだろう。勝手に想像してしまったが、続編もあるようなので、そこで明らかになるのだろうか。とても楽しみなシリーズになりそうです。


むぜおさん ★★★★★

人面瘡 × 相続鑑定士=名探偵??
"相続鑑定士"三津木の肩には、喋る人面瘡が寄生している。人面瘡はなぜか宿主より頭脳明晰で、三津木は『ジンさん』と名付けた彼に何でも相談して生きてきた。
そんな三津木が、仕事の依頼で訪れた、信州随一の山林王である本城家。なんと、相続人が次々に不可解な死を遂げていく。 遺産をめぐる骨肉の争いの最中に起きたこの連続死事件の真相は一体??
毒舌切れ者の人面瘡とボンクラな相続鑑定士コンビが怪事件に挑む! 現代の横溝正史的ミステリー!!

遺産をめぐる相続人の争いに留まらず、明らかになる本城家の秘密が恐ろしい。未だ残る忌まわしい歴史と因習。
都会人が美化した田舎像を見事に打ち砕く内容なのが面白い!田舎はそんなに素敵なことばかりじゃあ、ありません!
気弱で頼りない三津木と毒舌なジンさんの掛け合いは痛快で、三津木の行動ひとつひとつに、「あ〜、またジンさんに怒られるぞ…」「ほら、やっぱり」という目線で読み始めてしまう(笑)読み終えて、三津木もジンさんも大好きな登場人物となりました。
二人三脚??いや、二心同体で事件解決に挑むこの2人の活躍をお見逃しなく!


てっすぃ〜さん ★★★★★

人面瘡が事件の謎を解くという設定からしてインパクト抜群でしたが、そのトリックや華麗な謎解き場面、ヒョーロク相続鑑定士とのユーモア溢れるも心が痛む(汗)会話劇と、ぐんぐん引き込まれていき一気読みでした!
愉快痛快奇怪!
シリーズ化希望します!


ゆのんさん ★★★★

主人公は相続鑑定士。ただし、その肩には人面瘡のジンさんなるものが…。口が悪く博識なジンさんと向かうは限界集落。悪しき風習や親族間での遺産の取り合いなどなど。まさに横溝正史的ミステリー。おどろおどろしい雰囲気を緩和させているのがジンさんの口の悪さ。コミカルな部分はあるもののガッツリミステリーとして楽しめる。最後の最後には気になる一文も…。またジンさんに会える予感。


むっくんさん ★★★★

思わずイッキ読み!

展開が早くて寝る時間を惜しんで読みました。

またこれからの時代のニーズが高まるであろう相続鑑定士にスポットを当てた著者の目の付け所にも感服。

続編にも期待したいです!


すあまさん ★★★★

人面瘡ー目と口に見える傷痕。
幼い頃にこの人面瘡を負い、寄生された相続鑑定士の三津木。
今回の相続鑑定の依頼先は山奥のお屋敷。
人面瘡のジンさんと向かうと、そこに待っていたのはひと癖もふた癖もある相続人たちと使用人、そして顧問弁護士。
敷地内で起こる殺人。
さぁ犯人は誰だ!

人面瘡?ナニソレ?本当に傷口が喋るの!?
気弱で頼りない三津木と毒舌な人面瘡のジンさん。
読み進めると見えてくるのは、この土地の忌まわしい歴史と、歪んだ考え方。
あいつもこいつも怪しい、そもそも単独犯なのか?
コイツか?まさかコッチ?
いやいや、そんな馬鹿な。

見たか!これが中山七里だ!!
あぁ、閉ざされた世界はオソロシイ。


たんちゃんさん ★★★★★

相続鑑定士・三津木の右肩には頭脳明晰な人面瘡のジンさんが寄生している。信州随一の山林王の遺産相続の相談を受け現地に向かうと長男次男三男と次々亡くなる連続殺人が発生する。三津木とジンさんが辿り着いた事件の真相とは?犯人はうっすらと途中で分かるけど、それよりも人面瘡が意思を持ち、喋り、推理する。最初は吃驚で奇想天外な設定だったけどとても面白かった!
そして、やっぱり中山先生。ラストはきっちりどんでん返し(笑)
まだまだ、『2人』の活躍が読みたいです。


レビューのご投稿、ありがとうございました。