『星を掬う』町田そのこ/著▷「2022年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR

『星を掬う』町田そのこ/著▷「2022年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR

『52ヘルツのクジラたち』という特大のプレッシャーを乗り越えて


 昨年、町田そのこさんの『52ヘルツのクジラたち』が本屋大賞1位を獲得したと聞いた時は、言葉通り心と体が跳ねました。ですが、それは30分後にはプレッシャーへ変わっていました。

 実は、『星を掬う』の第一稿をいただいたのは、大賞受賞前。その原稿を読んでの感想は「悪くない」でした。『52ヘルツのクジラたち』と同じぐらい、面白かったのです。そこに『52ヘルツのクジラたち』の大賞獲得の連絡が入りました。

 ここからは怒濤の日々。大賞フィーバーに追われ、新作については忘れて過ごしていました。

 そして、二人で正気に戻ったのは6月頃。

「新作、あれじゃ駄目ですね」

 大賞を得たことで、これまでの何十倍の人に『52ヘルツのクジラたち』を読んでもらえました。色々な感想をもらいました。だからこそ「『52』より面白い物語を作る。それが賞に対する恩返し!」を合い言葉に、何度も何度も推敲して完成したのが『星を掬う』です。

クッキーを手にする町田そのこさん
町田そのこさん自ら星(クッキー)を掬う
作品モチーフのクッキー
弊社宣伝担当が焼いた「クジラ」&「星」クッキー

 今作は、本屋大賞なくしては生まれなかった物語です。町田そのこという作家が、全国の書店員さん、読者の皆さんに鍛えられ、成長した証の1冊でもあります。

『52ヘルツのクジラたち』は、担当者として感動して鼻血を出しましたが、『星を掬う』は知恵熱を出すぐらい考えぬいて作り上げた作品です。

 更に進化した町田作品がどんなものか、読んでいただけますと幸いです。

──中央公論新社 文芸編集部 山本美里


2022年本屋大賞ノミネート

星を掬う

星を掬う
著/町田そのこ
中央公論新社
くわしくはこちら


 

 

佐藤 優「危機の読書」〈最終回〉コミュニズムの復活に向けて
▽▷△超短編!大どんでん返しSpecial▼▶︎▲ 森 晶麿「すずらんの妻」