HKT48の田島芽瑠の読メル幸せ

第9回


あけましておめでとうございます

2019年になりました!
2018年に小説丸での連載が始まり、こうして今日も読んで下さる方が居てくれることに感謝です。

1月7日に19歳の誕生日を迎え、ラストティーンになりました!
小学館さんから、お誕生日プレゼントでお名前入りのブックカバーをいただきました。
いつもありがとうございます!
これからもよろしくお願いします。

皆様、2019年もよろしくお願いします。

新年1冊目はこちら!

瀬尾まいこさんの 「強運の持ち主
 

読メル幸せ 田島芽瑠


疲れた心をふわっと優しく包み込んでくれるような、温かい本です。

占い師のルイーズ吉田という女性が主人公。
ルイーズ吉田の元に現れる個性豊かなお客様の姿を通して、本当に大切なものに気づかされました。
すらすらと読みやすく、でも退屈しないすっきりとした後味も良い!

 

私は、占いが大好きなのでよく行くんですけど、占いの結果も勿論大事なのですが、20分程度の短い時間で占い師さんと心が通うあの瞬間が好きなんです。
その日初めて出会って、ほんの短い時間だけど、占い師さんの話術に吸い込まれ、普段言えない事とか溜まってる事を吐き出せる。
結局、話を聞いてもらいたいって気持ちがあるからだと思います。

これから先の未来に不安があるから、仕事はどうなるんだろう、私は成功できるのかな? と悩んでる事に、大丈夫という言葉が欲しい…。
背中を押して欲しい。
これが本音です。

この本は、背中をポンっと押してくれるような
欲しい言葉も本当の気持ちもわかってくれてるかのように心にスッと入ってきて、明日も頑張ろうと思わせてくれます。

新年の最初に相応しい一冊だと思います。

ぜひ読んで、ルイーズに背中を押してもらってください。
きっと、みんなほっこり温かい気持ちになれると思います!

 

それでは、良い本の旅を。

田島芽瑠でした。

 


「読メル幸せ」アーカイヴ
第10回▶︎重松清さん『せんせい。』
第9回▶︎瀬尾まいこさん『強運の持ち主』
第8回▶︎早見和真さん『小説王』
第7回▶︎村上しいこさん『死にたい、ですか
第6回▶︎中田永一さん『ダンデライオン』
第5回▶朝井リョウさん『武道館』
第4回▶芦沢央さん『いつかの人質』
第3回▶宇佐美まことさん 『骨を弔う』
第2回▶今村夏子さん『星の子』
第1回▶森絵都さん『カラフル』

「読メル幸せ」連載開始直前緊急Q&A!はこちら

▼HKT48オフィシャルサイト
http://www.hkt48.jp/

▼田島芽瑠さんのプロフィールはこちら
http://www.hkt48.jp/profile/37