ふたつの星とタイムマシン

◎編集者コラム◎ 『ふたつの星とタイムマシン』畑野智美
 この作品を初めて読んだとき──。一つ一つの短編がバラエティーに富んでいて、次にどんな物語がくるのかと、わくわくしながらページをめくったことを思い出します。彼氏の過去へと遡り、前の女とつきあわせないように画策したいって気持ち、よくわかる!! と共感したかと思えば、小学生男子のシビアな人間関係に胸が締め付けられたり。全く