奥田亜希子

週末は書店へ行こう!
 結婚して7年になる辻原誠太、志織の夫婦は、子供がないまま気付けば既に34歳。二人の不妊治療の様子から、物語の幕は上がる。《私もそっちに入りたかったな》およそ8割の夫婦は医学に頼ることなく自然に赤ちゃんを授かる、というデータを目にして、志織は思わずそうこぼす。そんな彼女に共感して目頭を熱くする読者は少なくないだろう。
週末は書店へ行こう!
 主人公の愛衣は、嘘や隠し事を〝匂い〟で感じ取ってしまう特異体質……だなんて、生きていくのがさぞ辛かろうな。相思相愛の恋人やツーカーの仲の親友でも、時には本音を言えない事はあるだろう。しかし彼女には、それが〝匂って〟しまうのだ。