川村元気

川村元気さん『百花』
「今回の本の感想を送ってくれる人が、それぞれ自分の人生についても書いてくるんです。僕にとって良い小説って、物語に没入させるものというより、何か記憶を引きずり出されて自分の人生を照射するもの。今回は特に
川村元気さん
  インタビューは、この言葉ではじまった。 「F先生の作品は、いつもSF(すこし・不思議)で、古典落語のようにウイットとユーモアに満ちています。僕が作っている映画や書いている小説も、気づけば