手塚治虫

桜庭一樹さん『小説 火の鳥 大地編』
手塚先生の〝それでも生きていく〟という芯の部分に忠実でなくてはと意識しました 巨匠・手塚治虫の代表作のひとつとして今なお愛されている『火の鳥』。「黎明編」「未来編」などさまざまなバージョンがあるが、「大地編」は構想だけが残された幻の作品。それがこのたび、桜庭一樹さんの手によって小説化され、『小説 火の鳥 大地編』として刊行された。そこに至る経緯はどのようなものだったのか。