武内昌美

editor_07
 人生、泣きたい日もある。涙を流すだけでは足りなくて、声を上げて、拳を握りしめて、全身をふるわせて泣いて泣いて泣き終わって、ふっと息をついたとき──お腹が空いていることに気づいたり、しませんか。泣くって、けっこうエネルギーを使うもの。そんなときに口にする、あたたかくて優しい一皿は、きっと忘れられないものになるはず。本書