菅田将暉

◉話題作、読んで観る?◉ 第40回「キネマの神様」
 原田マハの同名小説を、「男はつらいよ」シリーズの山田洋次監督が映画化。ギャンブル依存症の父親に振り回される家族という設定は同じだが、熱狂的な映画マニアの父親から、かつては映画監督を志していたものの挫折した男へと、大きく脚色されている。競馬、麻雀好きなゴウ(沢田研二)は借金を重ね、妻の淑子(宮本信子)は困り果てていた。