貫井徳郎

週末は書店へ行こう!
 神生島(かみおじま)は日本の本土から離れた島である。本土(本書では「くが」と呼ばれる)では「ゴイッシン」が起きたという噂だが、島の人々には関わりのないことだ。そこに、「くが」から一ノ屋松造、通称イチマツが帰ってきた。5年前に島を出ていき、一ノ屋の家系は滅びると言われていたところに帰還してきたのだ。
nukuisan
罪を犯した人が捕まったり刑に服すこと以外での、償いの形を書いてみたかった  貫井徳郎氏、約2年ぶりの新作のタイトルは、罪と罰ならぬ、『罪と祈り』 。 ある時、隅田川・新大橋付近で西浅草在住の元警官〈濱