貫井徳郎

nukuisan
罪を犯した人が捕まったり刑に服すこと以外での、償いの形を書いてみたかった  貫井徳郎氏、約2年ぶりの新作のタイトルは、罪と罰ならぬ、『罪と祈り』 。  ある時、隅田川・新大橋付近で西浅草在住の元警官〈