◎編集者コラム◎ 『もう時効だから、すべて話そうか 重大事件ここだけの話』一橋文哉

◎編集者コラム◎

『もう時効だから、すべて話そうか 重大事件ここだけの話』一橋文哉


「チクショー」

 午前七時、いつものように独房で目を覚まし、朝食を残さず平らげた約四十分後、刑務官から「出房だ」と促されると、運命を悟ったのか思わず男は叫び声をあげた――。

 

 叫び声の主は、死刑が執り行われた2018年7月6日朝の、オウム真理教元代表・麻原彰晃(本名・松本智津夫)です。

 本書の冒頭には、麻原以外にも、同日死刑執行されたオウム真理教元教団幹部たちの、執行直前の様子が生々しく記述されています。サリン製造に関与した土谷正美は「自分が生まれたのは間違いだった」と泣いて散り、元「諜報省大臣」井上嘉浩は「まずはよし!」と自らに言い聞かせ、元「法皇内庁長官」中川智正は「身体に触れるな! 自分で歩いていく」と語ったといいます。

 なぜ著者はそんな話を細かく知っているのでしょう。

 著者の一橋文哉氏は、全国紙、雑誌記者を経てフリージャーナリストとなり、1995年「ドキュメント『かい人21面相』の正体」で雑誌ジャーナリズム賞を受賞してデビュー。その後、朝日新聞阪神支局襲撃、三億円強奪、イトマン、酒鬼薔薇聖斗、世田谷一家惨殺、和歌山毒カレー、宮﨑勤、尼崎連続変死、餃子の王将社長射殺、山口組分裂、清原和博覚せい剤など多くの重大事件、そして政界、財界にはびこってきたヤクザの生態などを取材し、多くの記事や著書にしてきました。本名等は非公開の〝覆面ジャーナリスト〟です。独自の人脈で培われた取材網は全国に張り巡らされ、足で情報を稼いできたからこそ手に入る、新聞やテレビが報じない独自ネタを書きつづけてきたのです。

 その一橋氏が、上記に挙げたような、これまで関わってきた事件の意外な真相や取材を巡る〝とっておきのここだけの話〟を綴ったものが本書です。昭和から平成、令和にいたる時代や社会、そして重大事件を生んだ世相とその意味について、四十年近く事件取材をつづけてきた〝生涯一事件記者〟の語る言葉には重みがあります。また、ふだんは絶対に語ることのない、スクープの裏側や失敗エピソードは著者の既刊にはない魅力です。

 事件ノンフィクションファンだけでなく、警察小説や、殺人事件を題材とした小説ファンにとっても、存分に楽しめる内容となっています。ぜひ一橋ワールドを堪能してみてください。

──『もう時効だから、すべて話そうか 重大事件ここだけの話』担当者より

もう時効だから、すべて話そうか 重大事件ここだけの話

『もう時効だから、すべて話そうか 重大事件ここだけの話』
一橋文哉

源流の人 第11回 ◇ ナカムラクニオ (ブックカフェ店主・金継ぎ師・ アートディレクター)
著者の窓 第5回 ◈ 五十嵐 大 『ろうの両親から生まれたぼくが聴こえる世界と聴こえない世界を行き来して考えた30のこと』