◎編集者コラム◎ 『置き去りのふたり』砂川雨路

◎編集者コラム◎

『置き去りのふたり』砂川雨路


カバー帯ともに再現が難しい淡い色味を一発であわせてくださった印刷会社様に感謝申し上げます……!!

 小学館文庫『置き去りのふたり』の編集者コラムをご覧いただき、ありがとうございます! 編集業務を担当しました、A田と申します。

 さてさて、本コラムの読者の皆さんは読書好きのかたが多いのではないか、と思うのですが……どういうきっかけで「次はこの本を読もう!」と決められるなることが多いでしょうか?

 好きな作家さんの新作だから、タイトルにビビっときたから、あらすじを読んで気になったから、などなど。色々なきっかけや理由があるかと思いますが、本に限らず、昨今は友人や知人のおすすめ・評判を聞いて選ばれることが増えているのではないでしょうか。

 このコラムを書く直前も、私は書店さんにいたのですが、横にいたお客さんが『この本、TikTok で紹介してる人がいて気になってた〜』とお友達と会話され、SNSでおすすめされていたというその本を購入されていました。(ちなみにその本、かつて私が編集した本だったので、心の中でめちゃくちゃガッツポーズをしました笑)

 と、前置きが長くなってしまいましたが……実は私が本作『置き去りのふたり』の著者、砂川先生と出会ったのも、ある人からのご推薦・ご紹介がきっかけだったのです!(よし、話が繋がった!……繋がり……ましたよね?)

 ご紹介してくださったかたは、弊社と砂川先生、双方ともに仕事上の繋がりがあるかたで「砂川先生の才能をもっと多くの人に知ってもらいたい」、という想いからご縁をいただきました。

 そんなめったにない、縁ある「出会い」からスタートした本作ですが、しかして面白いことに、物語の始まりは〝みちかは喪服を持っていない。〟と、主人公・みちかとその想い人である空人との永遠の別れ、空人のお葬式のシーンからスタートします。

 そしてお葬式では、みちかと同じく空人を愛していた太一の姿も描かれます。愛する者の突然すぎる死。あまりに現実感のない事態を前に、二人は空人の死を受け入れることができませんでした。しかしそんな中、二人のもとに一通の手紙が届いたことで、状況は一変します。なんと手紙には空人の字で「俺はふたりをいつまでも恨んでいるよ」と書かれていて——。最愛の人の突然すぎる死と、悲しすぎるメッセージ。彼はなぜ、死を選んだのか。

「この才能を埋もれさせてはならない」。そんな想いと出会いが幾重にも繋がり完成した、俊英が描く喪失と再生の物語を、ぜひ、お楽しみいただければ幸いです。

──『置き去りのふたり』担当者より

置き去りのふたり

『置き去りのふたり』
砂川雨路

佐藤 優「危機の読書」〈第15回〉教養としてのインテリジェンス小説
週末は書店へ行こう! 目利き書店員のブックガイド vol.4 成田本店みなと高台店 櫻井美怜さん