◎編集者コラム◎ 『鴨川食堂しあわせ』柏井 壽

◎編集者コラム◎

鴨川食堂しあわせ』柏井 壽


鴨川食堂カバーオビ色校

 あの大人気「鴨川食堂」シリーズ最新刊が、さらにボリュームアップして発売になりました! 9巻目となる本作は、「しあわせ」と題されました。著者の柏井さんたっての希望です。実は、最初の段階では「まごころ」としていたのですが、ご意見をいただいて、変更することになりました。以下は、柏井さんからのメールに記されていたものです。

《食捜しを通じて、ほんとうのしあわせとはなにか、をテーマに書いております。ドラマティックな展開より、しみじみと味わう短編小説に仕立てたかったのです》
《よりストレートに、しあわせでもいいのではと思い至りました》
 という鶴の一声により、今作は「しあわせ」になりました。

 最近は、心苦しい出来事がたくさん、とてもたくさん起きていて、息が詰まる、と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。本書を読んだ方が、少しでもあたたかい気持ちになってくださったら、嬉しいです。
 ただ優しいだけの物語ではない、というところが、「鴨川食堂」シリーズの魅力だと思っています。ぜひ、多くの方にご覧いただけましたら幸いです。
 そして、今作の作業中、私の調子が悪く至らないところが多々あったにも関わらず、優しいお声をかけてくださった柏井さんと、一緒に担当して支えてくれたA氏には感謝申し上げます。

──『鴨川食堂しあわせ』担当者より

鴨川食堂しあわせ

『鴨川食堂しあわせ』
柏井 壽

ハクマン 部屋と締切(デッドエンド)と私 第83回
◇長編小説◇白石一文「道」連載第24回