ハクマン 部屋と締切(デッドエンド)と私 第78回

ハクマン第78回
あれから2週間。
確定申告の進捗は
「現状維持」である。

このコラムの連載は月2なので、前の原稿は大体半月前に書かれていることになる。
そして前回は「そろそろ確定申告をしなければいけない」という内容だった。

あれから2週間、進捗はどうか、というと「現状維持」なのでまずまずといったところだろう。
そもそも2月中に動くような人間に確定申告で焦るような資格はない。

ちなみに去年と一昨年はコロナの影響で確定申告の期限が3月15日から3月末に延長されていた。

現在もコロナが去ったとは言えないし、むしろオミクロソとかで感染者数が過去一増えている。
今年も3月末まで延長だろうと、一応調べてみたらなんと例年通り3月15日になっていた。

しかし「期限が気になったからすぐ調べる」という行動自体が、確定申告遅れニストとして失格級の減点だったと今気づいた。

そんなものは一切調べず3月末まで期限は3月末だと信じる信念。
むしろ「今年は4月15日ぐらいに延長では?」という大胆な発想ができないようではとてもこの世界では勝ち抜いていけない。

しかし、なぜ今年は期限がもとに戻ってしまったのか。どう見ても現在だって世間はコロナの影響を受けているだろう。

そう思ったが、どうやら「全国民がコロナの影響受けて確定申告ができないわけがねえ」ということに気づいてしまったらしい。
一体どこの勘のいいガキが気づいたのか、鋼の錬金術師だってフリーランスだろう。自分で自分の首を絞める真似はやめてほしい。

よって、今年はコロナの影響で確定申告が遅れますという「申請」をした人だけが期限延長となるようだ。
こちらはそういう書類申請が一切できない人間だから遅れるのである。そんな奴に「遅れる申請」などできるはずがない。
よって今年の確定申告は、コロナの影響など何も受けてないが3月末で良いならそれに乗る勢は例年通り15日に出すしかないのである、国税局もとんでもないブレインを雇ったものである。

 
次回更新予定日
カレー沢薫(かれーざわ・かおる)

漫画家、エッセイスト。漫画『クレムリン』でデビュー。 エッセイ作品に『負ける技術』『ブスの本懐』(太田出版)など多数。

直島 翔『恋する検事はわきまえない』
武田綾乃「おはようおかえり 京は猫日和」 第22回「友達百人できないな~」