◉話題作、読んで観る?◉ 第31回「みをつくし料理帖」

◉話題作、読んで観る?◉ 第31回「みをつくし料理帖」

製作・監督:角川春樹/脚本:江良至 松井香奈 角川春樹/出演:松本穂香 奈緒 若村麻由美 浅野温子 窪塚洋介 小関裕太 藤井隆 野村宏伸 衛藤美彩 渡辺典子 村上淳 永島敏行 松山ケンイチ 反町隆史 榎木孝明 鹿賀丈史 薬師丸ひろ子 石坂浩二 中村獅童/配給:東映
全国ロードショー中
映画オフィシャルサイト


 シリーズ累計400万部を超えるベストセラー時代小説の映画化。主人公は剣豪でも、お姫さまでもなく、平凡な町娘。水害と火事で両親と職場を相次いで失った主人公の澪が上方から江戸に出て、大好きな料理の世界で新しい人生を切り開いていくという成長物語だ。

 原作者の髙田郁は阪神淡路大震災で自宅が半壊するという被害に遭い、その後漫画原作者から小説家に転身したという経歴の持ち主。さまざまな不運にも屈せず、新しい環境で日々料理づくりに励む澪の姿と重なるものを感じさせる。

 上方と江戸との味つけの違い、季節に合った旬の食材選びなど、身近な〝食〟をテーマにした時代小説であり、派手な殺陣シーンなどはないが、幅広い世代が親しみやすい内容となっている。

 これまでに北川景子主演のテレビ朝日版、黒木華主演のNHK連ドラ版が放映され、どちらも好評を博した。今回の映画化は、原作シリーズのヒット化に尽力した出版社「角川春樹事務所」の角川春樹氏が「最後の監督作」と銘打って、みずから監督している。

 料理づくりに情熱を注ぐ澪には実写ドラマ版『この世界の片隅に』(TBS系)での好演が記憶に新しい松本穂香、幼い頃からの親友・野江にサスペンスドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)で注目を集めた奈緒をキャスティング。江戸時代における女同士のバディムービー(相棒もの)として映画化している。

 他にも『犬神家の一族』の石坂浩二、『男たちの大和/YAMATO』の中村獅童、『スローなブギにしてくれ』の浅野温子、『里見八犬伝』の薬師丸ひろ子、『晴れ、ときどき殺人』の渡辺典子といった角川春樹製作映画で活躍した顔ぶれが集まり、スクリーンを賑わせている。

 中でも歌舞伎役者である中村獅童は、着物の着こなしや口跡がよく、遊郭で働く野江を見守る又次役を魅力的に演じている。

「食は人の天なり」。吉田兼好が「食は命を繋ぐ最も大切なもの」として『徒然草』に記したこの言葉を胸に、澪は自分の足元を見つめながら、毎日を懸命に生きる。

 刀の代わりに包丁を手にした澪は、先行きが不透明な現代社会にふさわしい新しい時代小説の新しいヒーロー像なのかもしれない。

原作はコレ☟

八朔の雪 みをつくし料理帖

『八朔の雪 みをつくし料理帖』
髙田 郁/著
(ハルキ文庫)

(文/長野辰次)
〈「STORY BOX」2020年11月号掲載〉

◉話題作、読んで観る?◉ 第30回「朝が来る」
◉話題作、読んで観る?◉ 第32回「さくら」