ラグナル・ヨナソン

◎編集者コラム◎ 『閉じ込められた女』著/ラグナル・ヨナソン 訳/吉田 薫
 64歳、定年退職目前の女性警察官フルダ・ヘルマンスドッティルが迎えたラストに、全世界の読者が驚愕した1作目『闇という名の娘』(THE DARKNESS)。50歳、母の死をきっかけに父親捜しの旅に出たフルダの寂寞と、孤島に集った若者たちに起きた事件を重ね描いた2作目『喪われた少女』(THE ISLAND)。
editor_04
◎編集者コラム◎ 『喪われた少女』著/ラグナル・ヨナソン 訳/吉田 薫 「読み終わっても頭から離れない」「〝誰もが想像できないラスト〟に偽りなし」「衝撃に言葉を失う」などなど、読者に巨大すぎるイ
shosetsumaru_sansho_
◎編集者コラム◎ 『闇という名の娘』著/ラグナル・ヨナソン 訳/吉田 薫 「この世でいちばん最初の読者になれること」は、編集者の特権であり、最大の喜びでもあります。本書、『闇という名の娘』の日本
shosetsumaru_sansho_
 ◎編集者コラム◎ 『白夜の警官』ラグナル・ヨナソン 訳/吉田 薫  ある日、Twitter を眺めていた担当編集は驚愕しました。PC画面を二度見三度見しました。それでもその「つぶやき」は確かにそ
shosetsumaru_sansho_
◎編集者コラム◎ 『極夜の警官』ラグナル・ヨナソン 訳/吉田 薫  熱狂冷めやらぬ2018FIFAワールドカップで、新たな伝説が生まれました。国の人口35万人の1割がロシアに観戦に行ったとか、テ