人面島

『人面島』刊行記念対談 ◆ 谷原章介 × 中山七里
ミステリーが炙りだす善と悪 傷が人の顔のようになり、意思を持って喋りだす―それが人面瘡である。妖怪や怪異の一種だが、本作では「ジンさん」と名付けられ宿主・三津木六兵と共に金田一耕助よろしく殺人事件の謎に挑む。数ある中山作品の中でも異色のシリーズだ。文庫化で話題の『人面瘡探偵』に続く『人面島』発売を記念して、中山七里フ
中山七里『人面島』
赤面『人面島』 前作『人面瘡探偵』を上梓した際、ありがたいことに早速続編のオファーをいただいた。で、早速困った。眼高手低なれど前作は横溝作品のオマージュだった。そこで大好きな『犬神家の一族』や『悪魔の手毬唄』、そしてもちろん『人面瘡』のテイストをぶっこんだ。何と言うか横溝成分全部載せで、読者の胃にもたれるくらいでちょう