今日のメシ本 昼ごはん

第27回
韓国の本とちょっとしたカフェ チェッコリ
金承福さん

○月×日

 神保町に来て丸二年。特色のある街で仕事をするのは楽しい。「神保町で働いています」と挨拶すると「古本の街!」とすぐに分かってもらえる。日本だけでなく韓国の人にもだ。「神保町で韓国の本屋をやっています」──このワンフレーズで自分のアイデンティティを表すことができたりもする。