話題の傑作ミステリー『ヒロシマ・ボーイ』著者インタビューがYouTubeで配信中!

 日系米国人作家である平原直美さんによる傑作ミステリー『ヒロシマ・ボーイ』(著/平原直美  訳/芹澤 恵、小学館文庫)の著者インタビュー動画が、YouTubeで配信されています。

『ヒロシマ・ボーイ』は、元庭師の老人マス・アライが主人公の人気ミステリーシリーズ第7作にして最終作。米国で生まれ広島で育ち、戦後帰米した日系二世という複雑なアイデンティティを持つ主人公の頑固爺の内面を見事に描き、2019年のエドガー賞最終候補作となりました。

 そして平原さんは今年、日系人強制収容所を描いた最新作「クラーク・アンド・ディヴィジョン(未邦訳)」で、エドガー賞の部門賞メアリー・ビギンズ・クラーク賞を受賞しています。

 現在、第13回翻訳ミステリー大賞の最終候補作5作、さらに広島本大賞の候補作にも選ばれている『ヒロシマ・ボーイ』。日本国内でも日に日に注目が高まっています!

 未読の方はお早めに、書店へ足をお運びください。

【好評発売中】
ヒロシマ・ボーイ

『ヒロシマ・ボーイ』
著/平原直美
訳/芹澤 恵

深緑野分さん『スタッフロール』
◇長編小説◇里見 蘭「漂白」連載第191回