ハクマン 部屋と締切(デッドエンド)と私 第14回

ハクマン 部屋と締切(デッドエンド)と私 第14回

「漫画というのは唯一、親の七光り、
コネ、ヤクザのいない世界だ」
風貌が完全にヤクザな編集長が教えてくれた。

よって、この元JKが「高校を辞めて医者を目指す」と言っているなら、世の中の仕組み的に安心して「小生の意見」を大上段から言っても良いが、「漫画家」という、過程など一切無視してサクセスできる職業を目指している人間に、上から意見するというのは「危険」すぎるのである。

もし、この元JKが大サクセスしたら、インタビューとかで「昔私のことがツイッター(笑)で話題になって、厳しい意見がたくさん寄せられたんですけど、それがむしろ後押しになったので、あの時のツイッターご意見マンさんたちには感謝しています」などと言われてしまうかもしれないのだ、そうなったら、ご意見した小生顔真っ赤である。

もちろん、サクセスしない可能性の方が高いかもしれないが、失敗したとしても「失敗しました、ツイッターの意見を聞いとけば良かったです」などと、本人がわざわざ敗北宣言して、我々をいい気分にしてくれることはない。出てくるとしたら「サクセスした時のみ」だ。

つまり「夢があるなら追わなきゃ! 時間は有限! ファイトファイト!」と、考え得る限り一番頭の悪い意見を言った人間が一番無傷で優勝なのである。

だが、それよりもっと良いのは「何も言わない」ことだ。

人の進路に意見するというのは、家族、どんなに範囲を広げても友達ぐらいまでにしておくのが、お互いのためである。責任を取れない人間は何も言わない方が良い。

だが、実はこれと全く同じ案件が、数年前、私の身に起こったのだ。

夫の仕事関係の人に「漫画家志望」の不登校気味の中学生の娘がおり、高校へ行かず漫画家を目指すことを考えているという。
そこで漫画家である私に何か言って欲しいという話がきたのだ。

小生に言えることは何もない、と嫌がったのだが、どうやら夫が仕事で世話になっている人らしく断り切れなかった。

大体中学生女子が想像している漫画家というのはジャンプか、Gファンタジーあたりだろう。
モーニングやスピリッツ、間違っても漫画ゴラクが来るとは夢にも思ってないはずだ。

しかし、幸か不幸かその女子中学生が想像よりも「ちゃんとしていた」のである。

次記事

前記事

カレー沢薫(かれーざわ・かおる)

漫画家、エッセイスト。漫画『クレムリン』でデビュー。 エッセイ作品に『負ける技術』『ブスの本懐』(太田出版)など多数。

ハクマン 部屋と締切(デッドエンド)と私 第13回
ハクマン 部屋と締切(デッドエンド)と私 第15回