幸村しゅう

幸村しゅう『私のカレーを食べてください』
私の体は、カレーで出来ている  小食で好き嫌いが多い私は、給食が大の苦手だった。 クラスに1人や2人、食べ切れなかった給食の残りを、机にしまい込んでいる生徒がいたかもしれないが、何を隠そう、あれは私の
「推してけ! 推してけ!」第2回 ◆『私のカレーを食べてください』(幸村しゅう・著)
 世界で日本ほどカレーの種類が豊かな国はないかもしれない。一般的なルーのカレーから、ホテルの欧風カレー、蕎麦屋のカレー、インドカレー、スパイスカレー、和風の創作カレー……。カレーという一言で括れないほ