森見登美彦

森見登美彦さん『四畳半タイムマシンブルース』
『四畳半神話大系』ふたたび  あの腐れ大学生たちにまた会えるなんて! 二〇〇五年発表の『四畳半神話大系』の大学生たちが再び登場する新作『四畳半タイムマシンブルース』。物語の原案は、劇団ヨーロッパ企画を
shosetsumaru_sansho_
 ◎編集者コラム◎ 『ぐるぐる問答 森見登美彦氏対談集』森見登美彦  対談集のタイトルに『ぐるぐる』とはこれ如何に。  登美彦氏は本書「はじめに」において、このように述べている。 「ただ正直に、
shosetsumaru_sansho_
 ◎編集者コラム◎ 『夜行』森見登美彦  作者の森見登美彦さんと私には、共通の趣味がある。  「乗り鉄」。  鉄道に、ただただ乗っていることに喜びを感じる人間のことを指す。  本書は、この10数年
☆特別対談☆ 森見登美彦 × 辻村深月[15年目の原点回帰]
 2003年12月に第15回日本ファンタジーノベル大賞受賞作『太陽の塔』でデビューした森見登美彦さんと、2004年6月に第31回メフィスト賞受賞作『冷たい校舎の時は止まる』でデビューした辻村深月さんは
森見登美彦さん『熱帯』
小説をめぐる小説を書こう 「小説家には"いずれは書いてみたい小説"がいくつかあるものだと思うんです。僕も、たとえば『恋文の技術』はいつか書簡体小説をやってみたいと思って書いたもの。そうした"いずれは