砂川雨路

◎編集者コラム◎ 『私たちは25歳で死んでしまう』砂川雨路
『私たちは25歳で死んでしまう』の編集者コラムをご覧いただき、ありがとうございます。本作の編集作業を担当しました、A田と申します。本コラムを執筆している2022年の8月末現在、東京は急に気温がぐんと下がりましたが、振り返ると、この夏の暑さは異常だったのではないでしょうか。 東京都心の年間の猛暑日(最高気温35度以上)日
◎編集者コラム◎ 『置き去りのふたり』砂川雨路
 小学館文庫『置き去りのふたり』の編集者コラムをご覧いただき、ありがとうございます! 編集業務を担当しました、A田と申します。さてさて、本コラムの読者の皆さんは読書好きのかたが多いのではないか、と思うのですが……どういうきっかけで「次はこの本を読もう!」と決められるなることが多いでしょうか?