週末は書店へ行こう! 目利き書店員のブックガイド vol.46 うなぎBOOKS 本間 悠さん

週末は書店へ行こう!

生皮 あるセクシャルハラスメントの光景

『生皮 あるセクシャルハラスメントの光景
井上荒野
朝日新聞出版

 以前、とある営業をしていた。まだ若く、私は溌溂として、そういうところが「明るい」「感じが良い」とされ、取引先との関係も良好だった(と信じたい)。

 

「今度プライベートで飲みに行こう」と腰に手を回されれば、「何言ってるんですかー!」と声を張り上げて、笑顔を返した。明るく、感じが良く、取引先との関係も良好な私は、こんな風に振る舞えば角が立たないのだと知っている。

 

 私の溌溂さは、私なりに作り上げたいびつな防具の形だった。

 

 かつて名編集者として謳われた月島光一による小説講座は、芥川賞作家を輩出したこともある大人気講座で、毎年キャンセル待ちが発生するほどの盛況ぶりだ。カリスマ講師である月島は受講生たちへの指導も熱心である。才能のある受講生には特に熱心に指導を行い、講座終了後の飲み会でも隣に座らせ、苗字ではなく下の名前を呼び捨てにし、講座のない日にも小説の話がしたいと電話で呼び出し、ベッドに誘うことも厭わない。それが自然な流れだから。

 

〝いい小説を書いてほしいという欲が僕の中にはあって、まあ相手が女性の場合は、ここに性欲も加わる〟

 

 とんだ詭弁だと思う。月島は、そのようにして7年前に関係を持ったかつての受講生・咲歩に告発される。今ならば「告発されて当然」と思うが、果たして7年前はどうだっただろう。2019年の伊藤詩織さんの事件がたった3年前。アメリカで、#me too運動が起こったのが2017年である。2015年、もし即座に訴えを起こしたとしても、正しく〝問題〟として取り上げられることすらなかったのではないか。

 

『生皮』には、咲歩以前に月島と関係を持った小説家や、咲歩の夫、そして月島の妻や娘、咲歩と同期の受講生だった者たち、SNSでたまたまその告発を目にした男子大学生など、様々な視点からこの「告発」が描かれる。

 

 逆恨みじゃないかと、女性が言う。

 なぜ7年も経って訴えたのかと、男性が言う。

 もっと上手くかわせば良かったのにと、かつての私が、きっと言うだろう。

 決して一枚板になれない世論が、生皮をはがされた女たちに突き刺さる。

 

 いつか見た世論に、いつか繰り返されたやり取り。フィクションと現実の境目を限りなく薄くする物語は、「さぁこれを知って、あなたはどうするの?」と、まっすぐに問うてくる。

 

 月島の認知の歪みに、自身が作り上げた防具のいびつさが重なる。あの時私は笑わなくて良かった。笑ってはいけなかったのだ。

 

 先日、山内マリコさんと柚木麻子さんが、映画業界における性暴力・性加害撲滅を訴えるステートメントを発表した。

 

 賛同者として16名の作家さんが名を連ね、その中には井上荒野さんの名前ももちろんある。出版界も同様だと声をあげて下さった深沢潮さん、許されることではないと追随して下さった作家の皆さんに、一読者として、そして一書店員として心からの感謝とエールを送りたい。

 

 誰かの尊厳を踏みつけにして作られた作品は、読みたくないし、売りたくもない。笑って、なかったことにしなくていい。

『生皮』を、一人でも多くの読者に届けたい。

 

 

あわせて読みたい本

僕の狂ったフェミ彼女

『僕の狂ったフェミ彼女』
ミン・ジヒョン 訳/ 加藤 慧
イースト・プレス

この作品の中でも、編集者の女性に対する権威ある大御所作家からのセクハラが描かれている。フェミニストであることを隠さず、女性の権利を声高に叫び、〝許す〟ことから解放された彼女は強く、自由で、眩しい。

 

おすすめの小学館文庫

そして陰謀が教授を潰した ~青山学院春木教授事件 四十五年目の真実~

『そして陰謀が教授を潰した 青山学院春木教授事件 四十五年目の真実
早瀬圭一
小学館文庫

大学教授・春木は、その権威を笠に着て一人の女生徒を強姦し、逮捕された……はずだった。1973年に起きた事件を45年にわたり追いかけた新聞記者の執念のノンフィクション。性犯罪の陰に隠れたものの正体とは。
降田 天『さんず』
源流の人 第22回 ◇ プチ鹿島 (時事芸人、コラムニスト)