◎編集者コラム◎ 『教場X 刑事指導官・風間公親』長岡弘樹

◎編集者コラム◎

『教場X 刑事指導官・風間公親』長岡弘樹


『教場X』編集者コラム

「信長さま─―!!」

 沿道からの黄色い声援に、引き締まった表情で応える木村拓哉さん。木村さんが織田信長役を務め、騎馬武者行列が行われた「ぎふ信長まつり」には当日、過去最多の約46万人が訪れたとニュースやワイドショーで繰り返し紹介されていました。木村さんの揺るぎなく高い人気を目の当たりにし、私は気持ちを引き締めたのでした。なぜなら、その4日後にある情報の解禁を控えていたからです──。

 そう、あの大人気SPドラマ「教場」シリーズが、月9ドラマ『風間公親-教場0-』として連続ドラマ化が決定! 2023年4月からスタートするのです。こちらも大きく取り上げられたので、ご存じの方もきっと多いと思います。キャストも大いに気になるところですね!

 このたび文庫として刊行された、長岡弘樹さんの『教場X 刑事指導官・風間公親』は、『教場0 刑事指導官・風間公親』とともに今回の連ドラの原作となります。舞台はT県警本部捜査一課。「風間道場」と呼ばれる新人刑事の育成システムがあり、キャリア3か月の刑事の中から1名が選ばれ送り込まれます。捜査の現場で風間からマンツーマンの厳しい指導を受け、卒業生はエース級の刑事として活躍中。ただし見込みがないと判断されれば、「交番勤務からやり直すか」「それともいっそ警察学校からやり直すか」と言われてしまうのです。選ばれるのは名誉なことですが、かなりの試練だと思われます。

 かつて逮捕した男からの逆恨みによる襲撃を受け、右目を失明したにもかかわらず、わずか1か月ほどで現場に復帰した風間は、新人刑事を前に常に事件の真相を見抜いています。その感覚は、以前にも増して研ぎ澄まされているようです。現場に残されたわずかな形跡に、新人刑事たちは気づくことができるでしょうか……!? 犯人と警察のスリリングな攻防を、ぜひご堪能ください。

「教場」シリーズは、上記のほかに『教場』『教場2』『風間教場』の全5作が刊行されていますが、2023年3月には最新作『新・教場』が単行本として発売予定です。また4月からは小説誌「STORY BOX」で『新・教場2』の連載も始まります。

 月9ドラマのスタートまであと4か月、原作シリーズを読んで放送を待ちましょう!

──『教場X 刑事指導官・風間公親』担当者より

教場X 刑事指導官・風間公親

『教場X 刑事指導官・風間公親』
長岡弘樹

源流の人 第27回 ◇ 大川史織 (映画監督)
採れたて本!【国内ミステリ】