真梨幸子

真梨幸子『聖女か悪女』
さあ、今こそデトックスしましょう  気がつけば、作家生活十五年を迎えました。  そんな記念すべき年に『聖女か悪女』を上梓することになったのは、大袈裟に言えば「運命」のようなものを感じます。  というの
真梨幸子さん
  内田……まず『祝言島』のタイトルが秀逸です。このタイトルを思いつかれたきっかけは? 真梨……今回の物語は『きらら』からオファーがあった段階で、すぐ決まりました。禍々しいタイトルよりも、何