第3回警察小説大賞、最終候補作発表!

 警察小説大賞は、時代を動かす新たな書き手を発掘し、原作を映画化、コミック化など多面的な展開につなげていくための新人賞です。

 第3回警察小説大賞では、2020年9月30日の締め切りまでに応募があった数多くの作品から、以下の4作品を最終候補として選出しました。

 現在、選考委員の相場英雄氏、長岡弘樹氏、小誌編集長・幾野克哉による最終選考を行っております。結果は、当HPにて発表します。

 なお、受賞作には賞金総額300万円が贈られます。

最終候補作

「警察孤児」 天野 行隆
「ドリフト」 竹中 篤通
「転がる検事に苔むさず」 直島 翔
「黄金の土地」 水原 徹

(候補者五十音順、敬称略)

警察小説大賞選考委員会
株式会社小学館


警察小説大賞
特設サイトはこちら

【好評発売中】
第1回警察小説大賞受賞作
GAP

『ゴースト アンド ポリス GAP』
佐野 晶

第2回警察小説大賞受賞作
対極

『対極』
鬼田隆治

スピリチュアル探偵 第19回
◉話題作、読んで観る?◉ 第35回「あの頃。」