書店員熱烈インタビュー

原田マハさん近影
新井……五年ほど前に、「きらら」の作家さん対談で原田さんとお会いした際に、いつか「ロマンシエ」というタイトルの小説が書きたいと伺いました。フランス語で小説家を意味する「ロマンシエ」というタイトルを聞い
sindosan
宇田川……新刊『宝島』、読ませていただきました。読み終わったときに、ものすごい感謝が、あふれてきました。「よくぞこれだけのすごいものを書いてくださった!」という気持ちとグスク、レイ、ヤマコと英雄オンち
kubosan
窪……『じっと手を見る』は、幻冬舎の文芸誌で「官能をテーマに1編書いてほしい」と依頼があり、そこから書き続けていたものを連作の形にまとめました。  介護士の設定は、ライター時代に行った山梨県の介護現場
hatanosan
畑野……『大人になったら、』を構想していた頃、2015年に『感情8号線』を出しました。それとは違うタイプの恋愛小説を書こうと考えていたとき、30代半ばの友人や知り合いと話していると、みんな恋愛や結婚で
nanatsukisan
七月……僕が作品を書くときは、いつも設定から入ります。『ぼくときみの半径にだけ届く魔法』は、最初に「病気で外に出られない女の子」「彼女は部屋の壁に、外の風景の写真をプロジェクターで映している」「写真家
sobusan
内田……たびたび座談会にお伺いしていますが、『小説X あなたをずっと、さがしてた』は過去の作品のなかで最大級に、質問に注意しなくてはいけないと思いました。 狩野……僕も、気を使います。何を聞いても、ネ
yumetantei
増山……ご新作『夢探偵フロイト─マッド・モラン連続死事件─』を読みました。本当に面白かったです。 内藤……ありがとうございます。 増山……内藤さんはデビュー作からずっと、個人的に推しています。どの作品
額賀澪さん
  きらら……『君はレフティ』の刊行から1年経たないうちに、書き下ろし長編『ウズタマ』の発表となります。精力的な、お仕事ぶりです。 額賀……いえいえ。かなり頑張って書いていたつもりですが、私
岡崎琢磨さん
  岡崎……『さよなら僕らのスツールハウス』の1話目を書き出したのは、2013年の夏ごろです。当時、ドラマ『シェアハウスの恋人』が放送されていたり、シェアハウスのライフスタイルがブームになっ
鈴木るりかさん
  内田……『さよなら、田中さん』を読ませていただきました。面白い! という言葉が、このぐらいふさわしい小説はないんじゃないかと思うほどでした。 鈴木……ありがとうございます。 内田……いか
三津田信三
宇田川……最新作の『わざと忌み家を建てて棲む』を読ませていただきました。本当に怖くて、面白かったです。 山田……私も、怖かったです。三津田さんの小説のなかでは、怖さは一番でした。 三津田……ありがとう
海猫沢めろん先生
  きらら……『キッズファイヤー・ドットコム』は、海猫沢さんの実体験が読み取れる育児小説です。もともと書かれる予定だったのですか? 海猫沢……いえ、まったく書くつもりはありませんでした。結婚
真梨幸子さん
  内田……まず『祝言島』のタイトルが秀逸です。このタイトルを思いつかれたきっかけは? 真梨……今回の物語は『きらら』からオファーがあった段階で、すぐ決まりました。禍々しいタイトルよりも、何
瀧羽麻子さん
  きらら……『左京区桃栗坂上ル』は、瀧羽さんの「左京区」シリーズ5年ぶりの新作です。ファンにはおなじみの登場人物・安藤くんと、彼の幼なじみの璃子ちゃんの恋模様を描いた、青春物語になっていま
青山七恵さん
  きらら……『ハッチとマーロウ』は長野県の別荘で、シングルマザーの母親と暮らす姉妹の物語です。ご構想のきっかけを教えてください。 青山……ずっと以前から、双子の話を書きたい気持ちがありまし
羽田圭介さん
きらら……『成功者K』、面白かったです。芥川賞を受賞して一躍人気者になった主人公Kが、出会う女性と次々にセックスしていきます。男子読者の多くは爆笑するであろう内容でした。 羽田……いやぁもう、これだけ
藤谷治さん
高頭……刊行前のプルーフ本で『世界でいちばん美しい』を拝読しました。この小説は「けむり」というタイトルでいつかは書きたいと、藤谷さんが構想に十年をかけられた物語だと伺いました。 藤谷……『おがたQ、と