一木けい

一木けいさん『愛を知らない』
きらら……新作『愛を知らない』を読みました。非常に痛切な家族小説です。デビューから数年で、これほど深いテーマの物語を書き上げられたことに驚かされました。 一木……ありがとうございます。私が一生かけて謎
■特別対談■一木けい × 鳥飼 茜 物語の力を信じたい
 高校二年生の橙子と、彼女が抱えるある秘密を知った友人たちの心象を、リアルにとらえた意欲作『愛を知らない』(ポプラ社)を上梓したばかりの一木けいさん。そんな一木さんがファンと公言しているのが、漫画家の
kei
──『1ミリの後悔もない、はずがない』を読みました。面白かったです。主に女性読者から反響の高い作品ですが、男性の私も読んでいて、心の琴線に触れる部分が、たくさんありました。 一木 本当ですか。男性の