大島真寿美

思い出の味 ◈ 大島真寿美
「大島小姐~、許留山、つぶれちゃったらしいですよ、知ってます?」 「知ってる~。泣」  これは、約二十年ぶりに繋がった友人とのメッセージのやりとり。  許留山、というのは香港スイーツのお店の名前。私が
editor__
◎編集者コラム◎  ツタのモデルはわたしの祖母だ。  わたしが13歳のときに亡くなったその人が、作家だったとはまったく知らなかった。わたしの知っている祖母は、いつも茶の間に座っていて、夏は扇風機、
shosetsumaru_sansho_
 ◎編集者コラム◎  みなさんは自分の両親の半生を、詳しく知っていますか? 祖父母のことは? 曾祖父母のことは? 会ったことのない遠い身内だと、知っていることといえばどこで生まれたかくらいで、その
大島真寿美さん『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』
──『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』は実在した文楽の作者・近松半二を主人公にした小説です。伝統芸能である文楽をテーマに執筆することになった経緯を教えてください。 大島 最初は「歌舞伎をテーマにした小説