朝井リョウ

朝井リョウさん『死にがいを求めて生きているの』
「依頼をいただいた時、私からすると、文壇高校の伊坂先輩に呼んでいただいた感覚で、これは応えないわけにはいきませんでした」  と朝井リョウさん。何の話かというと、文芸誌『小説BOC』創刊時から始まった「