朝井リョウ

『正欲』朝井リョウ/著▷「2022年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR
 デビューから12年、直木賞から8年。朝井リョウは、着実に進化=深化しています!「ずっと考えていた書きたかったことを、いまようやく、書くことができました」と朝井さん。『正欲』は、そんな気迫に満ちた長篇小説、作家生活10周年の記念作品です。20歳の朝井リョウさんと出会ったのは「桐島、部活やめるってよ」での小説すばる新人賞
朝井リョウさん『死にがいを求めて生きているの』
競作プロジェクトの第一弾 「依頼をいただいた時、私からすると、文壇高校の伊坂先輩に呼んでいただいた感覚で、これは応えないわけにはいきませんでした」  と朝井リョウさん。何の話かというと、文芸誌『小説