〈第3回〉加藤実秋「警視庁レッドリスト2」

警視庁レッドリスト2

調査の後、いじめ被害者の川浪の意向で、
訴えを取り下げたのだが……。

CASE1 シークレット・ガーデン :  男社会の女の園(3)


 

 7

 下げていた頭を上げた時、川浪は安堵と解放感で軽い興奮状態だった。みひろたちのセダンが見えなくなったのを確認し、吉祥寺署の駐車場を出て歩道を歩きだした。五日市街道沿いのコンビニに入り、カゴを手に奥のスイーツコーナーに向かった。

 大袈裟で回りくどいやり方だったけど、みんなにわかってもらえたわよね。これでもうあれもお終いになって、全部元通りになるはず。そう確信すると胸が弾み、川浪は棚からプリンやシュークリーム、ロールケーキなどを取ってカゴに入れた。レジに行き、スマホで後払い決済をしてスイーツの入ったレジ袋を提げ、元来た道を戻った。

 署の建物に入り、階段で二階に上がって廊下を進み、用度係の部屋のドアを開けた。

「遅くなりました」

 会釈して室内を進んだ。それぞれの机で仕事をしていた仲間たちが、「お帰りなさい」「お疲れ様です」と応える。川浪は通路を歩き、奥の前田の机に向かった。ビジネスフォンで誰かと話していた前田は通話を終え、受話器を置くところだった。

「先ほど、阿久津さんと三雲さんが帰庁されたのでお見送りして来ました」

 そう報告すると、前田は顔を上げて川浪を見た。

「そうですか。笹尾さんから聞きましたが、気がつかなくてすみませんでした。お家が落ち着くまで、僕もフォローしますから。一緒にがんばりましょう」

 優しく穏やかに言い、前田は微笑んだ。川浪は「いい人なんだけど、頼りにならないのよね」と心の中で呟きながら、「はい。ご心配をおかけしました」と返して一礼した。そして顔を上げ、

「差し入れです。係長は、このプリンがお好きでしたよね?」

 と問いかけ、レジ袋からカップ入りのプリンとスプーンを出して机に置いた。

「いいんですか? すみません」

 前田は顔を緩め、手を伸ばしてプリンとスプーンを取った。振り向き、川浪は並んだ机に歩み寄った。

「みんなの分も買って来たの。好きなのを食べて」

 レジ袋を持ち上げて声をかけると、仲間たちは仕事の手を止めて集まって来た。三人とも喜びと感謝の言葉を口にしながら、レジ袋の中を覗き手を伸ばす。それを眺め、川浪は改めて安堵を覚え、言った。

「いろいろごめんね。じきに父親は退院できるはずだから、遅刻と早退もしなくてよくなると思う。これまでのことは水に流して、やり直させてね」

 後ろの前田を気にしながらの言葉のチョイスだが、言いたいことは伝わったはずだ。川浪はそう思い、手を止めてこちらを見ている仲間たちを見返した。

「もちろん。さっき三人で、『いい機会をもらえたね』って話していたんです。私たちこそ、改めてよろしくお願いします」

 レジ袋から出したシュークリームを手に、笹尾が応える。笑顔で、声も明るい。嬉しくなり川浪が返事をしようとした矢先、笹尾はこう続けた。

「今夜、みんなでご飯を食べませんか? 仲直りの印っていうか、再出発の記念に」

「えっ。でも」

「川浪さん。行きましょうよ」

「実はもう、お店を予約しちゃいました。奮発して、吉祥寺南町の焼き肉屋の個室」

 森と谷口も言う。どちらも選んだスイーツを手に、笹尾と同じ顔で笑っている。たちまち川浪の胸はしぼみ、焦りが押し寄せてきた。

「今私は、これまでのことは水に流してって」

「だから、その記念に。どっちにしろ今夜はみんなで食事する予定だったし、家の用事でダメとかないですよね?」

 笑顔を崩さず、口調だけ圧の感じられるものに変えて笹尾はさらに問うた。追い詰められている。そう悟り、川浪の焦りはさらに増し、怖くもなった。それでも必死に頭を巡らせ、後ろを振り返って言った。

「じゃあ、係長も一緒に。たまにはいいじゃないですか」

「僕? 喜んで、と言いたいところだけど、息子の誕生日なんですよ。すみません。また今度」

 スプーンでプリンを口に運びながら、前田は申し訳なさそうに答えた。その姿を呆然と見返す川浪の耳に、「残念ですね」「また誘います」という仲間たちの声が届く。

「今夜六時からってことで。川浪さん、楽しみですね」

 笹尾が言い、森と谷口が笑う。その声を聞きながら、川浪は胸の焦りと怖さが絶望に変わるのを感じた。

 

 8

 三日後。みひろは午後五時の終業チャイムと同時に、「失礼します」と告げて職場環境改善推進室を出た。明朝が締め切りの報告書はまだ書き上がっておらず、「お疲れ様でした」と返す慎の声は呆れ気味だったが、気にしない。みひろはバッグを抱えて小走りに廊下を進み、階段を降りて本部庁舎別館を出た。建物の間を抜け警察総合庁舎前の門から警視庁の敷地を出て、内堀通りを歩きだす。

「三雲さん」

 声をかけられ、振り向くと川浪がいた。春物の白いニットにモスグリーンのロングスカート、ベージュのジャケットという格好で肩にバッグをかけ、手には紙袋を提げている。

「こんにちは。どうされたんですか?」

 驚きながら挨拶すると、川浪は笑って答えた。

「家の用事で早退して、日比谷に来たんです。ついでに、三雲さんたちにこれをと思って。うちの近所のパン屋さんのなんですけど、よろしければどうぞ」

 そう言って、川浪は紙袋を差し出した。受け取って中を見ると、サンドイッチやメロンパンなどが入っていた。その中に、三角形にカットしたカステラに羊羹が挟まれているものを見つけ、みひろは声を上げた。

「シベリアだ! なかなか売ってないんですよね。室長の好物なので、喜びます。きっと、『シベリアという名前の由来には諸説あり』とか、またウザい蘊蓄を語りだしますよ」

 慎の声色を作って続けると川浪は肩を揺らして笑い、さらに言った。

「地元の井戸水を使って作っているそうで、シンプルだけど飽きない味でおいしいですよ」

 


「警視庁レッドリスト」シリーズ連載アーカイヴ

 

加藤実秋(かとう・みあき)
1966年東京都生まれ。2003年「インディゴの夜」で第10回創元推理短編賞を受賞し、デビュー。『インディゴの夜』はシリーズ化、ドラマ化され、ベストセラーとなる。ほかにも、『モップガール』シリーズ、『アー・ユー・テディ?』シリーズ、『メゾン・ド・ポリス』シリーズなどドラマ化作多数。近著に、『渋谷スクランブルデイズ インディゴ・イヴ』、『メゾン・ド・ポリス5 退職刑事と迷宮入り事件』がある。
▽▷△超短編!大どんでん返しSpecial▼▶︎▲ 阿津川辰海「黒い雲」
「推してけ! 推してけ!」第8回 ◆『超短編! 大どんでん返し』(小学館文庫編集部・編)