〈第3回〉加藤実秋「警視庁レッドリスト2」

警視庁レッドリスト2

調査の後、いじめ被害者の川浪の意向で、
訴えを取り下げたのだが……。

「ありがとうございます。わざわざすみません」

「気にしないで下さい。パン好きだと伺ったし、先日は本当にお世話になったので」

「その後、笹尾さんたちとはいかがですか?」

 紙袋を提げ、みひろは訊ねた。昨日、慎経由で前田の「聞き取り調査の当日の夜も四人で食事に行き、その後も問題なく職務についている」という報告を聞いたばかりだが、気になっていた。笑顔のまま、川浪は答えた。

「楽しくやっています。今夜もこれから、四人で食事会なんですよ。場所はこの間お勧めしたパンがおいしいビストロ。『三雲さんたちに勧めたの』って話してたら、行きたくなっちゃって」

「ああ。そういうこと、ありますよね」

 相づちを打ちつつ、「早退したのに食事会に行くんだ」と違和感を覚えたが、それだけ仲がいいということか。そう納得し、再度礼を言って別れようとみひろが口を開きかけると、先に川浪が言った。

「聞き取り調査でいじめ被害を伝えた時、実はちょっとヤケになっていました。同じ警視庁の職員でも、警察行政職員って警察官より下に見られているでしょう」

「えっ。そうなんですか?」

 驚き、訊ねたみひろに川浪は完璧な形状の眉を寄せて頷いた。今日は長い髪を肩に下ろしている。

「もちろん、みんながそうじゃないですよ。でも、うちの署でも消耗品の在庫が切れていたり、希望した品を購入してもらえなかったりすると、『俺たちあっての行政職員だろ』みたいな態度を取る人がいます。間違ってはいませんけど」

「間違ってますよ。ひどいですね」

 そう返しながら、みひろは笹尾が大真面目に「手錠と警察手帳なしじゃ、警察官は仕事になりませんから」と話していたのを思い出した。「ええ」と頷き、川浪は続けた。

「だから職場改善ホットラインに電話しても期待してなかったし、本庁から人事第一課の人が来るって知らされた時も、『聞き取り調査なんて、形だけのクセに』って思ってたんです。でもすごく悩んでいたので、『どうにでもなれ』って気持ちで伝えちゃいました」

「伝えていただいて、よかったです。職場環境改善推進室は、部署や職分に関係なくトラブルがあれば対処しますよ。私も二年前まで民間企業にいて、事務職の経験もあります」

「そうだったんですか。道理で、いい意味で警察官ぽくないなと思ってました」

「ありがとうございます」

 笑顔で返しながら、みひろは腕時計をチラ見した。と、向かいの川浪がきょろきょろしたり髪を弄ったり、わかりやすく落ち着きがなくなった。

 ひょっとして、私を引き留めたい? 何か話したいことがあるのかも。そう閃き、一方で今日これからの予定も思い浮かび、みひろは頭を巡らせた。

「川浪さん。私はこの後ちょっとした集まりに行くんですけど、一緒にどうですか?」

「でも、食事会に行かないと。それにご迷惑でしょう?」

「全然。誰でも参加OKの、気軽な集まりなんです。ちょっとだけいて、そのあと食事会に行ったらどうでしょう」

 身振り手振りも交え、できるだけ軽いノリで誘う。川浪は明らかにほっとした様子だが、「どうしよう」と首を傾げて迷っている。もう一押ししようとみひろが口を開きかけた刹那、川浪は言った。

「三雲さん。ジャンケンしませんか? 私が勝ったら、三雲さんと一緒に行きます」

「構いませんけど……でも、ジャンケンで決めるなら逆じゃないですか? 私が勝ったら一緒に来てもらうのが」

 面食らい、みひろは突っ込んだが川浪は、

「いいんです。私が勝ったら一緒に行きます」

 と繰り返し、左手で右腕のコートとニットの袖口を押し上げた。続けて右手を開いたり閉じたりの準備運動を始め、表情は真剣。意図がわからず戸惑いはしたが、断る理由もないので、みひろも紙袋を左手に持ち替えた。

「いきますよ。最初はグー」

 声を張って告げ、川浪は拳をつくった右手を上下させた。夕暮れの官庁街でジャンケンを始めた、アラフォーとアラサー女性。行き交う人たちの訝しげな視線を感じる。

「ジャンケンポン!」

 二人で声を合わせて言い、お互いの右手を差し出した。川浪はチョキで、みひろはグーだ。と、川浪は右手を下ろし、がっくりとうなだれた。

「ダメか。やっぱり私、ジャンケンが弱いんですね」

「そんな。もう一度やりますか?」

「いえ。いいです」と返し、川浪は顔を上げた。そして、

「変なことをお願いして、すみません。お誘いいただいて、嬉しかったです。失礼します」

 と早口で告げて一礼し、その場から歩き去った。

 


「警視庁レッドリスト」シリーズ連載アーカイヴ

 

加藤実秋(かとう・みあき)
1966年東京都生まれ。2003年「インディゴの夜」で第10回創元推理短編賞を受賞し、デビュー。『インディゴの夜』はシリーズ化、ドラマ化され、ベストセラーとなる。ほかにも、『モップガール』シリーズ、『アー・ユー・テディ?』シリーズ、『メゾン・ド・ポリス』シリーズなどドラマ化作多数。近著に、『渋谷スクランブルデイズ インディゴ・イヴ』、『メゾン・ド・ポリス5 退職刑事と迷宮入り事件』がある。
▽▷△超短編!大どんでん返しSpecial▼▶︎▲ 阿津川辰海「黒い雲」
「推してけ! 推してけ!」第8回 ◆『超短編! 大どんでん返し』(小学館文庫編集部・編)