伽古屋圭市

▽▷△超短編!大どんでん返し▼▶︎▲ 伽古屋圭市「籠城  オブ・ザ・デッド」
「ふぅ……。これだけ出入口を塞げば、やつらもしばらく入ってこられないですよね」 「せやな。まあ、根本的な解決にはならんけどな」 「……とにかく、いまは生き延びることを考えましょう」 「わこぉてる。とり
思い出の味 ◈ 伽古屋圭市
 この思い出は、夏の陽炎の向こう側にあるように、ひどくぼんやりとしている。  六、七歳前後のころだろうか、父に連れられて京都府北部にある舞鶴に行ったことが何度かある。いつも決まって夏のことだった。  
shosetsumaru_sansho_
 ◎編集者コラム◎ 「あのとき、あれを食べておけばよかった」とか「あの店に行けばよかった」とか、わだかまりの残っている食事の記憶はありませんか。  私にはあります。5年ほど前のことですが、本作の著
oishiitaidan
本誌の人気連載「鴨川食堂」の著者柏井壽氏と、今号に新作「冥土ごはん」を掲載する伽古屋圭市氏が食をテーマにした小説を書くことの楽しさを語り合った。 ──大正時代を舞台にした小説を多く書いてきた伽古屋
洋食異界ミステリー『冥土ごはん 洋食店 幽明軒』(伽古屋圭市著)第一話まるごとためし読みスタート!
「小説丸」とビジュアルブログ「g.o.a.t」が連携し、発売前の小説を先行公開する話題の企画。第1弾では、ミステリー小説『無事に返してほしければ』(白河三兎著)を掲載し、たくさんのみなさまにご好評をい