川瀬七緒

川瀬七緒さん『賞金稼ぎスリーサム! 二重拘束のアリア』
難事件の調査で強まる3人のチームワーク きらら……前作『賞金稼ぎスリーサム!』から1年足らずでの、スピーディな続刊となります。すでに構想はお持ちだったのですか? 川瀬……特に構想はしてい
NijuuKosoku_Aria
身近なパラドックス  人はなぜうそをつくのだろうか。唐突だが、作品を創るときに私はよくこれを考える。幼いころからうそは悪だと再三にわたって教えられ、ほとんどの年齢層で『うそつき』は嫌われ者の代名詞だ
threesome
 わかり合えない最強の三人組  悪党を追い詰める「賞金稼ぎ」という職業は世離れしたものであると同時に、これほど幅広い世代に認知されているものもないと思っている。昔から西部劇の多くは賞金稼ぎがテーマで
川瀬七緒さん『賞金稼ぎスリーサム!』
水と油のタイプを混ぜ合わせてみた きらら……報奨金を狙う3人組の活躍を描いた『賞金稼ぎスリーサム!』、大変面白く読ませていただきました。この作品の構想は、以前からお持ちだったのですか? 川瀬……以前か
川瀬七緒さん
商店街で革命を起こす!?  福島の田舎町の商店街で、一人の老人が改革に乗り出す。仕立て職人の彼が試みたのはコルセット「コール・バレネ」の製造。その美しさに目を留めたのは、一人の男子高校生だった──。川