浜口倫太郎

「ワラグル」スピンオフ小説
2月27日 from 瀬名 ……あれから十年後(なんかこんなんあった方がいいかなと思いまして)。ラリーさん、お久しぶりです。瀬名です。ラリーさんに送っていた日記を十年ぶりに読み返してみて、あの頃のことが鮮明に頭をよぎりました。優勝する前のときって、俺もう芸人辞めようかと思うほど追い込まれていたんですね。何か当時の切羽詰まった気持ちを思い出しました。
「ワラグル」スピンオフ小説
6月13日 from 瀬名 ……ラリーさん、これはないですわ。よし太が読んでるってわかってたらこんなこと書きませんよ……まあでもこの日記のおかげで、あのネタができたんですもんね……複雑な気分ですが、ありがとうございます。
「ワラグル」スピンオフ小説
5月28日 from 瀬名 ……わかりました。じゃあ周りのスタッフに牧野のことを訊けという指示にだけは従います。でも俺はもうラリーさんに付いてもらわないと決めたんで。
「ワラグル」スピンオフ小説
4月29日 from 瀬名 この感じで書けと言っていただき胸をなでおろしました。もしかしたらラリーさんに激怒されるかもと危惧(きぐ)していたんで。ただこんなことをしていてKOMの決勝に行けるんでしょうか? この日記を書くのも時間がかかります。その時間をネタ作りにあてた方がいいんじゃないんでしょうか?
「ワラグル」スピンオフ小説
4月23日 from 瀬名(せな)『スマイリー』の瀬名です。ラリーさん、まずは一言お礼を。俺達スマイリーに付いてくださってありがとうございます。ラリーさんにご指導ご鞭撻(べんたつ)をいただき、今年の『KING OF MANZAI』の決勝進出を目指したいです。あっ、別に文章だからといって正式名称でなくていいですね。なんとしても『KOM』の決勝に行きたいです。
浜口倫太郎『ワラグル』
デビュー10年でついに書けた漫才師小説 僕は今年で小説家デビュー十年目なのだが、この『ワラグル』はまだ小説家になる前からいつか書こうと考えていた。僕のデビュー作となる『アゲイン』は、お笑いあをテーマにしたものだ。僕は放送作家をやっていて、お笑いの世界はよく知っていたからだ。