はらだみずき

はらだみずき『太陽と月 ジュニアユース編』
〝サッカー〟をわざわざ小説で読む必要なんてあるのか? 最近の僕は、プレミアリ…
◎編集者コラム◎ 『海が見える家 旅立ち』はらだみずき
『海が見える家』のコラムを書く機会も、ありがたいことに四度目となりました。思…
週末は書店へ行こう! 目利き書店員のブックガイド 今回の目利きさん 吉見書店 竜南店 柳下博幸さん
「終活」それは、人生の終わりを迎えるための活動である。自らが死を意識して、そ…
はらだみずき『太陽と月 サッカー・ドリーム』
『太陽と月』が自信作である理由 小説家は、自分にしか書けない作品を手がけたい…
週末は書店へ行こう! 目利き書店員のブックガイド 今回の目利きさん 丸善 お茶の水店 沢田史郎さん
 里中道は、発達障害である。子どもの頃からみんなと同じ行動がとれず、先生には…
◎編集者コラム◎ 『海が見える家 逆風』はらだみずき
 毎年、夏になると売れる本でしたが、八重洲ブックセンターチェーンさんの積極的…
◇自著を語る◇  はらだみずき『海が見える家 それから』
 小説の最後のページのその先は、本来、読者に委ねるべきもの。僕も同じ意見です…
editor_03
『海が見える家』(前作『海が見える家』については、こちらをご覧下さい)が、夏…
haradasan-card2
今の自分は過去の集積でしかなく、過去に拘ってこそ今をしっかり生きられると思う…
「幸せの尺度」を問う、著者新境地の感動作。 私事ですが、三十代にサーフィンに…