満園真木

週末は書店へ行こう! 目利き書店員のブックガイド 今回の目利きさん TSUTAYA 中万々店 山中由貴さん
 もうなにも読まなくていい。すべてが霞む。しばらくはそっとしておいて。本書を閉じたあとの率直な気持ちは、ただ、そうとしか言いあらわせない。「あたしは無法者のダッチェス・デイ・ラドリー」。彼女の震える声がきこえる。怖気づいて、さびしくて、不安で、怒って──、それでも守るものがあるから、13歳のダッチェスは逃げない。30年
◎編集者コラム◎ 『噤みの家』リサ・ガードナー 訳/満園真木
 ボストン市警殺人課の部長刑事であり、一児の母でもあるD・D・ウォレン。超豪腕の彼女が活躍する、アメリカの大人気シリーズ第11作目(※短篇・中篇を除く)『噤(つぐ)みの家』をいよいよ日本の皆さまにお届けします。小学館文庫からは、長篇8作目『無痛の子』、9作目『棺の女』、10作目『完璧な家族』が好評発売中ですが、本作『噤
◎編集者コラム◎ 『完璧な家族』リサ・ガードナー 訳/満園真木
 かつて誘拐され、472日間、そのほとんどの時間を真っ暗な棺桶大の箱に監禁、怪物のような男に蹂躙され続けた過去を持つ女性フローラ・デイン――アメリカの大人気作家によるスリラー「女刑事D・D・ウォレンシリーズ」長篇9作目『棺の女』のヒロインです。シリーズの途中作にもかかわらず大きな反響を頂くことができたのは、
editor_06
◎編集者コラム◎ 『ハーフムーン街の殺人』著/アレックス・リーヴ 訳/満園真木  本書の原題は「THE HOUSE OF HALF MOON STREET」。舞台は、1880年、ヴィクトリア朝後
翻訳者は語る 満園真木さん
 難事件に挑む叩き上げのタフな女刑事と、事件の鍵になるもう一人のヒロインの複雑な人生を描いたハードボイルド「D・D・ウォレン」シリーズは、米国ベストセラーリストの常連。翻訳第一弾『棺の女』に続き、殺人
shosetsumaru_sansho_
「これほど心を揺さぶる小説も久しぶり。誘拐監禁事件ものの名作になる。必読!」「優れたサスペンスであり、一人の女性の生きる力の物語」「ページを開いてすぐに没入できる作品」一昨年に小学館文庫から刊行され、各方面から絶賛頂いた女刑事D・D・ウォレンシリーズの第8作『棺の女』(リサ・ガードナー、満園真木・訳)。アメリカでは出れ