担当編集者

毎月刊行される小学館文庫の担当編集者だから書ける裏話。

『六人の噓つきな大学生』浅倉秋成/著▷「2022年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR
「私の固定観念をぶんなぐるような物語、読ませてほしいです」これは『六人の嘘つきな大学生』の企画を始める際に、著者の浅倉秋成さんに私がお願いしたことです。2019年に刊行された『教室が、ひとりになるまで』が、ミステリ界で話題となった浅倉さん。『教室~』は異能力が出てくる特殊設定ミステリであり、“伏線の狙撃手”という異名も
『夜が明ける』西 加奈子/著▷「2022年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR
 3年前、私は数ヶ月、会社を休ませてもらいました。家庭も仕事も子育てにも行き詰まり、自分自身を見失っていた私を見かねた周りの人々に休息をとることをすすめられ、私自身少しでも現状を変えられるならと休みましたが、いざ休んだら今度は自室からまるで出られなくなりました。『夜が明ける』で主人公の「俺」が陥った状況と同じで、恐ろし
『星を掬う』町田そのこ/著▷「2022年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR
 昨年、町田そのこさんの『52ヘルツのクジラたち』が本屋大賞1位を獲得したと聞いた時は、言葉通り心と体が跳ねました。ですが、それは30分後にはプレッシャーへ変わっていました。実は、『星を掬う』の第一稿をいただいたのは、大賞受賞前。その原稿を読んでの感想は「悪くない」でした。『52ヘルツのクジラたち』と同じぐらい、面白か
『同志少女よ、敵を撃て』逢坂冬馬/著▷「2022年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR
 昨年8月。アガサ・クリスティー賞で史上初、全選考委員が満点をつけ大賞が決まった──。そのニュースが社内をかけめぐったあとに原稿を読んだ私は、すぐさま編集担当として手を挙げました。その日から、社内のチームで一丸となり、ゲラ作業、プルーフ作成を超特急で行い、雪下まゆさんに素晴らしいイラストをいただいて発売まで漕ぎつけた本
『正欲』朝井リョウ/著▷「2022年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR
 デビューから12年、直木賞から8年。朝井リョウは、着実に進化=深化しています!「ずっと考えていた書きたかったことを、いまようやく、書くことができました」と朝井さん。『正欲』は、そんな気迫に満ちた長篇小説、作家生活10周年の記念作品です。20歳の朝井リョウさんと出会ったのは「桐島、部活やめるってよ」での小説すばる新人賞
『スモールワールズ』一穂ミチ/著▷「2022年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR
「この物語はきっと誰かの宝物になる、そう感じたのは、全国の書店員さんから寄せられた沢山の感想を読んだ時でした。この本を手に取って下さった皆様の大切な一冊になりますように」これは『スモールワールズ』の初版の帯に書いたキャッチコピーです。刊行にむけたプロモーションとして、プルーフ(簡易に製本した見本)を作り、全国の書店員さ
『残月記』小田雅久仁/著▷「2022年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR
『残月記』の著者、小田雅久仁さんと初めてお目にかかったのは2013年9月のことでした。前年に刊行された『本にだって雄と雌があります』が、小田作品との初めての出合いです。奇想天外な世界と、言葉を尽くした独自のユーモアセンスにすっかり痺れました。『本にだって~』の刊行後、各小説誌に発表された短編も目を瞠る素晴らしさで、なら
『黒牢城』米澤穂信/著▷「2022年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR
 日本の歴史上最も有名な事件であろう〈本能寺の変〉が起きる四年前、明智光秀よりも先に、織田信長に反旗を翻した戦国武将がいました。中国地方の毛利征伐を進めんとしていた織田家中屈指の勇将でありながら、突如として謀叛を起こした男の名は、荒木村重。安土城や京の都から織田軍が中国方面へと攻め込む際、重要な中継点となる摂津国伊丹の
『硝子の塔の殺人』知念実希人/著▷「2022年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR
「クラシックな山荘もののクローズドサークルで、これまでにない大きな仕掛けをした作品に挑戦しようと思うのですが……」2020年9月。知念実希人さんからのメールに、そう記されていました。当初、打合せで聞いていた雰囲気とは異なりましたが、この文面を読んだとき、鳥肌がたちました。「プロット読みますか?」と聞いて頂いたと思います
『赤と青とエスキース』青山美智子/著▷「2022年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR
『赤と青とエスキース』のプロットを青山美智子さんからいただいたとき、私はそこが喫茶店だったにもかかわらず、思わず泣いてしまいました。なんの涙だったのか今となっては謎ですが、それは感動によるものだけではなかったと思います。「なんだ、この話は……」という衝撃を、最初に受けました。私も大好きな青山さんのデビュー作『木曜日には
『滅びの前のシャングリラ』凪良ゆう/著▷「2021年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR
「本当にすごい作品は、最初の原稿で編集者の想像を越えてくるものなんだよ」定年を控えた上司が以前言っていた言葉です。『滅びの前のシャングリラ』は私にとって、まさにそんな作品でした。最初に原稿を受け取ったのは2020年の2月。テーマは「地球滅亡」と打ち合わせをしているし、ストーリーもすべて事前に聞いています。なのにラストシ
『八月の銀の雪』伊与原 新/著▷「2021年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR
『八月の銀の雪』は科学のエッセンスがちりばめられた全5篇の短篇集です。「本屋大賞2021」にノミネートしていただき、本当にありがたく思っています。科学というと、「難しそう」と苦手意識をもつ方もいらっしゃるかもしれません。私も超がつくほどの文系なので、そのお気持ちはよくわかりますが、「文系の方でも、科学好きでなくても楽し
『自転しながら公転する』山本文緒/著▷「2021年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR
 山本文緒さんの7年ぶりの小説『自転しながら公転する』は、アパレルで働く32歳の都という女性が主人公。恋愛をして、家族の世話もしつつ、仕事も全力でがんばるなんて、そんな器用なことできない! 毎日ぐるぐると思い悩む彼女の姿を描いたこの小説には、「私のことかと思った」「身に覚えがありすぎ」「わかる!わかる!」などの共感の声
『52ヘルツのクジラたち』町田そのこ/著▷「2021年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR
 町田そのこさんの『52ヘルツのクジラたち』第一稿を読んだのは、忘れもしない2019年12月末。仕事納めの前日でした。町田さんとはこれが初めてのお仕事、そして初長編作品に挑戦していただいたこともありすぐに読みはじめたところ、もの凄い衝撃を受けたことを今でも覚えています。
『この本を盗む者は』深緑野分/著▷「2021年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR
 中世のヨーロッパで写本がとんでもなく高価だった頃、書物には呪いがかけられていたという。本を盗んだ者、借りて返さない者には容赦なく災いが降りかかることが願われた。この本を盗む者は──。本の街として知られる読長町(よむながまち)の御倉館(みくらかん)は、書物の蒐集家が建てた巨大な書庫だ。以前は公共図書館のように住民が自由
『逆ソクラテス』伊坂幸太郎/著▷「2021年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR
『逆ソクラテス』発売のおよそ10日前。私は自身の日記にこんなことを書いていました。2020年4月13日。『逆ソクラテス』の発売を延期するか否か、役員や編集長と深夜に電話で相談。無事発売されてほしい。『逆ソクラテス』発売に向けて宣伝施策の準備が真っただ中だったその頃、日本では東京都を含む7都府県に緊急事態宣言が発令されて
『オルタネート』加藤シゲアキ/著▷「2021年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR
 悪意が溢れる時代に、現代的でありながらも、あくまで等身大の青春を描いてみせる。その真っ当であることを恐れない姿勢こそが『オルタネート』、そして加藤シゲアキという作家の最大の魅力であると思います。小説の内容を乱暴に要約してしまうと「高校生限定のマッチングアプリがもたらす男女の人間模様を描いた群像劇」とでも言い表せるので
「あたしには、みんなが難なくこなせる何気ない生活もままならなくて、その皺寄せにぐちゃぐちゃ苦しんでばかりいる。だけど推しを推すことがあたしの生活の中心で絶対で、それだけは何をおいても明確だった。中心っていうか、背骨かな」『推し、燃ゆ』がどんな人を描いた物語なのか、端的に表しているのが本文中のこの文章だと思います。学校で