辻堂ゆめ

NEW
辻堂ホームズ子育て事件簿
2022年6月×日 「毎回俺の名言から始まる子育てエッセイってどうかな?」と、夫が突然提案してきた。何を言っているんだ。却下。どうも夫、そういうところがある。自分たちの日常がこうして発信されているのが面白いらしい。私にとっては喜ばしいことだ。家族のことを書く仕事は、家族の応援なしには実現しえないのだから。
辻堂ホームズ子育て事件簿
2022年5月×日 辻堂ホームズ子育て事件簿、などというタイトルをつけているからには、たまにはミステリっぽいことを書かねばなるまい。先日、洗濯機を回そうとして、思いのほか中身がいっぱいであることに気がついた。洗濯物の量がやけに多く、蓋すれすれまで溜まっている。「昨日天気が悪くて洗濯しなかったからかなぁ、干すの面倒だな…
辻堂ホームズ子育て事件簿
2022年4月×日 最近『サザエさん』のアニメを見るのにハマっている。子どもではなく、夫が。しかもわざわざ録画しておいて、それを金曜日や土曜日の夜に再生する。どうしてリアルタイムで見ないのかというと、本来なら日曜の夕方に放送されている番組を〝先取りして〟視聴することで、「『サザエさん』がやってるのに明日も休みだ!」と爽快な…
辻堂ホームズ子育て事件簿
2022年3月×日 絶対に言葉を話したくない娘 VS 絶対に言葉を話させたい母。最近娘は、私にクレヨンを手渡してきて果物の絵を描かせることにハマっている。そこで先日、こんな攻防戦を繰り広げた。娘「はぁい!(サザエさんのイクラちゃん風に言いながらクレヨンを手渡してくる)」私「えー? なにー?」娘「んー!!(なかなか描いてもらえないことに激怒する)」...
辻堂ホームズ子育て事件簿
2022年2月×日 大藪春彦賞、をいただけることになった。同じ『このミステリーがすごい!』大賞出身の先輩方が多く受賞や候補入りしていることもあり(東山彰良さん、柚月裕子さん、乾緑郎さん、深町秋生さん)、ミステリー作家を名乗る者の一人として以前から密かに憧れていた賞だ。選考結果を知らせる電話がかかってきてから1週間が経ったけれど、なんだか未だに落ち着かない気分でいる。
辻堂ホームズ子育て事件簿
2022年1月×日 母乳飲みすぎ妖怪。誰のことかって、うちの子どもたち2人ともである。娘も、息子も。先月の1か月健診で、息子は体重4200gを記録した。その際に、助産師さんとこんな会話をした。
辻堂ホームズ子育て事件簿
2021年12月×日 「あー、新生児って尊い!」出産から1か月弱、毎日のようにこの台詞を言っている気がする。無力で弱々しくて、自分の意思などなくて、ただ本能に導かれて生きているさまは、なんとも愛おしい。新生児期。たった28日間のこの特別な時期がもうすぐ終わってしまうと思うと、寂しさが募る。
辻堂ホームズ子育て事件簿
2021年11月×日 今日は、第2子の出産予定日だ。その第2子は、予定日2日前に生まれた。つまり今、私は生後2日目の息子とともに入院している。(「生まれました!」と喜びいっぱいに報告するのもなんだか気恥ずかしく、紛らわしい書き方をしてしまい、すみません。)
辻堂ホームズ子育て事件簿
2021年10月×日 第2子の出産予定日が、約1か月後に迫っている。妊娠の経過は大変順調だ。だけどお腹の中の胎児は、毎日命の危機にさらされている(矛盾)。──というのも。娘が、私の膨らんだお腹の上に乗るのにハマっている……。
辻堂ホームズ子育て事件簿
2021年9月×日 もうさんざんだった。先日、突然、夜中に2回も吐いた。いや、娘ではなく、私が。2度の妊娠によるつわりでも一切吐かず、インフルエンザで40度の熱を出しても食欲が減らず、そもそも小学生の頃以来約20年間嘔吐したことがなく...
辻堂ホームズ子育て事件簿
2021年8月×日 我が家のテレビのチャンネルは、ほとんど常時、NHKのEテレに固定されている。娘が起きている間、子ども向け以外の番組を見ることはない。娘が生まれる前までは...
辻堂ホームズ子育て事件簿
2021年7月×日 Q. 最近、1歳5ヶ月の娘が、玄関から自分の靴を何度も持ってくるようになりました。これはどういう意味でしょう? A. 「お散歩に行きたいな〜」という意味です。 Q. それでも私が椅子から動かないと、娘は玄関に引き返し、今度は片手に自分の靴、もう片方の手に私のサンダルを持って戻ってきます。さて、これはどういう意味でしょう?
辻堂ホームズ子育て事件簿
2021年6月×日 先日、乳幼児がいる友人の自宅に複数人でお邪魔して、子ども同士を遊ばせる機会があった。うちの1歳の娘はひとり遊びが大得意だ。普段一緒にいても、私が仕事をしていて、全力で構ってあげられない時間が多いからかもしれない(ごめんね……)。
辻堂ホームズ子育て事件簿
2021年5月×日 やられた。とうとうやられた。今、私の目の前には、小説の連載原稿のゲラがある。見開きページの左下半分。文芸誌のレイアウトに合わせて綺麗に並んだ文字の上を、縦横無尽に走る幾本もの黒い線……。無論、犯人は娘である。
辻堂ホームズ子育て事件簿
2021年4月×日 「赤ちゃん」とはいつまでを指すのか、ふと気になって調べてみた。どうやら正確な定義はないらしい。生後28日未満を新生児、それ以降の0歳児を乳児、1歳から小学校入学前までの子どもを幼児と呼ぶことだけが、母子健康法で決まっている。
辻堂ホームズ子育て事件簿
2021年3月×日 「子育てエッセイの依頼とか、来ないんですか?」2020年2月。産後2週間健診で、助産師さんから突如、そんなことを言われた。私が出産したのは規模がそこそこ大きい病院で…
辻堂ゆめさん
2月2日(火)、第42回吉川英治文学新人賞の候補作が発表され、弊社より『十の輪をくぐる』(辻堂ゆめ著)が選出されました! 『十の輪をくぐる』は、1964年と2020年、二つの東京五輪
辻堂ゆめさん
 いま大注目の若手作家・辻堂ゆめさんの新刊『十の輪をくぐる』が、12/5(土)放送のTBS系「王様のブランチ」で特集されます! 『十の輪をくぐる』は、1964 年と2020年、2つの「