熱血新刊インタビュー

河﨑秋子『愚か者の石』◆熱血新刊インタビュー◆
簡単な感想で終わらせたくない 巨大熊と戦う猟師の人生を綴った『ともぐい』で第…
金子玲介『死んだ山田と教室』◆熱血新刊インタビュー◆
生きているか死んでいるか分からないからこそ 死んだクラスメイトの魂が、教室の…
坂崎かおる『嘘つき姫』◆熱血新刊インタビュー◆
全ては掛け合わせ 短編小説の公募新人賞で次々と受賞・入選を果たし、創作クラス…
高遠ちとせ『遠い町できみは』◆熱血新刊インタビュー◆
綺麗事だとしても 峻烈な家族小説や青春小説の書き手を輩出してきたポプラ社小説…
村雲菜月『コレクターズ・ハイ』◆熱血新刊インタビュー◆
この一文を表現するために 純文学でありながらホラー、と話題を呼んだ第66回群…
外山 薫『君の背中に見た夢は』◆熱血新刊インタビュー◆
家族というチーム戦 東京・湾岸地区のタワーマンションで暮らす3組の家族の情景…
水村 舟『県警の守護神 警務部監察課訟務係』◆熱血新刊インタビュー◆
夢をもう一度 警察小説の可能性を開拓する新人を輩出してきた警察小説新人賞(旧…
小泉綾子『無敵の犬の夜』◆熱血新刊インタビュー◆
愚かさの効用 純文学とエンターテインメントを架橋する文藝賞から、また新たな才…
呉 勝浩『Q』◆熱血新刊インタビュー◆
快感と日常の狭間で 3作品連続直木賞ノミネートで注目を集める呉勝浩が、650…
佐藤究『幽玄F』◆熱血新刊インタビュー◆
幽玄に心をとめよ 現代の犯罪ビジネスと古代アステカ文明の呪術性を融合させた『…
高瀬隼子『いい子のあくび』
覚醒へ 『おいしいごはんが食べられますように』で芥川賞を受賞した高瀬隼子は、…
小田雅久仁『禍』
幸せな人生は退屈? 実に九年ぶりとなった三作目の著作『残月記』で昨年吉川英治…
五十嵐律人『魔女の原罪』
裁判でなければ解決できないもの 第六二回メフィスト賞受賞のデビュー作『法廷遊…
須藤古都離『ゴリラ裁判の日』
当たり前を疑う 面白ければ何でもアリで知られるメフィスト賞から、鮮烈な才能が…
菰野江名『つぎはぐ、さんかく』
心がちぎれる 第十一回ポプラ社小説新人賞を受賞した菰野江名のデビュー作『つぎ…
永井紗耶子『木挽町のあだ討ち』
物語らしい物語を 江戸の商人を題材とした『商う狼』は新田次郎文学賞ほか三冠に…
岩井圭也『完全なる白銀』
なぜ登るのか 数学をモチーフにした青春群像劇『永遠についての証明』で第九回(…
高野和明『踏切の幽霊』
お涙はいらない ハリウッド級どエンタメ『ジェノサイド』で第二回山田風太郎賞お…