千街晶之

採れたて本!【国内ミステリ#19】
「一体何が起こっているのだろう?」と冒頭で思わせたら、その小説は読者の興味を…
採れたて本!【国内ミステリ#18】
 2021年に日本推理作家協会賞を受賞した坂上泉と結城真一郎は、それぞれ19…
採れたて本!【国内ミステリ#17】
 江戸川乱歩と横溝正史。ともに日本探偵小説界を牽引した巨匠の中の巨匠である。…
採れたて本!【国内ミステリ#16】
『毒入り火刑法廷』。ミステリファンならばこのタイトルから、アントニイ・バーク…
「推してけ! 推してけ!」第45回 ◆『帝国妖人伝』(伊吹亜門・著)
評者=千街晶之(ミステリ評論家) 〝探偵役〟を推理する歴史ミステリ 「次はど…
採れたて本!【国内ミステリ#15】
『ヘレディタリー/継承』『ミッドサマー』といった不穏極まるホラー映画で日本で…
採れたて本!【国内ミステリ#14】
 時は雅で物騒な平安時代。検非違使別当(今で言う警察庁長官)の貴族・祐高と、…
採れたて本!【国内ミステリ#13】
『スワン』、『おれたちの歌をうたえ』、そして『爆弾』と、近年の呉勝浩は自己の…
採れたて本!【国内ミステリ】
 1冊の小説の中で、複数の時代を描くのは極めて難度が高い。筆力がなければ全体…
採れたて本!【国内ミステリ】
 近年の江戸川乱歩賞受賞者の中でも、昨年、第68回受賞者となった荒木あかねに…
採れたて本!【国内ミステリ】
 ミステリ界とホラー界、双方から注目されている作家の一人が新名智だ。ある魚を…
採れたて本!【国内ミステリ】
 物語の早い時点で誰によって犯行がなされたかが明記され、以降は犯人側の視点で…
採れたて本!【国内ミステリ】
 東京地裁で「密室の不解証明は、現場の不在証明と同等の価値がある。だから現場…
採れたて本!【国内ミステリ】
 東京地裁で「密室の不解証明は、現場の不在証明と同等の価値がある。だから現場…
採れたて本!特別企画◇BEST BOOK OF THE YEAR 2022
 新たな年に期待がふくらむ、この季節。振り返ると、2022年も素晴らしい文芸…
採れたて本!【国内ミステリ】
 思い返せば昭和の頃には誘拐事件が頻繁に起きていた記憶があるけれども、昨今は…
採れたて本!【国内ミステリ】
 思い返せば昭和の頃には誘拐事件が頻繁に起きていた記憶があるけれども、昨今は…
採れたて本!【国内ミステリ】
 例えば芦沢央の『許されようとは思いません』や『汚れた手をそこで拭かない』、…